玄室奥壁が開口する驚きの石室
 横穴石室は数多く紹介してきましたが今回の飯田古墳群の一基、飯沼天神塚古墳石室は

残された形がとてもユニークです。通常は開口部が羨道側にあり、その羨道もかなりの場合

天井石を含めて欠損しています。ところが今回の飯沼天神塚古墳の場合、開口部が動画1でおわかりのように玄室側にあります。どこへ行ったのか奥壁がありません。羨道部側からみた玄室は奥行4.7m、幅2.3mですが、かなり広い感じを受けます。それは完存する羨道幅が1mにも満たないからかもしれません。川原石を積んだ石室のうち玄室は土圧のためでしょうか右側壁が大きく傾いていて精美な羨道とかなり異なっています。細くて長い羨道の先は行き止まり、つまり閉塞石が行く手を阻みます。川原石を積んで頑丈に閉塞していますが、多くの場合、ここが破られて盗掘されているのですね。 墳丘は前方後円墳ということはわかりますが雲彩寺の墓地と重なる部分もありかなり混雑した印象です。動画2の最後でその様子をご覧になれます。

本古墳は天竜川沿いに広がる飯田古墳群の図を添付しましたが、既に紹介した高岡1号墳(クリックすれば飛べます)と上溝天神塚古墳の丁度中間に位置しています。それにしてもまだ紹介していない残りの古墳を含め飯田古墳群には見学可能な石室をもつ古墳が数多くあります。が、私は高岡1号墳のあるJR飯田線元善光寺駅からバスで飯田高校前まで移動し、あとは徒歩で南下し今回の飯沼天神塚古墳を訪ねました。雲彩寺が目印です。ご住職に声掛けをして訪ねました。残りの古墳を見学しても日帰りは可能でした(撮影日201744日)。


PNG iidakofungun zu

PNG iinumatenjinzuka zu




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村