急峻な崖を登ると精美な石室が!
 今回の終末期古墳、エンドウ山古墳は既に紹介した赤坂天王山古墳の南西、倉橋溜池に面した尾根にあります。桜井駅南口から奈良バスで大宇陀行きで下尾口(さがりおぐち)で下車し、赤坂天王山古墳(信号右折)を通り過ぎて倉橋溜池の周囲をぐるりと廻り登り口のトンボ広場まで歩いて30分ほど。水面に映る山々は美しくジョガー以外人には会いませんでした。静寂の一言です。

肝心のエンドウ山古墳、詳細な道順が画像とともに記されている桜井市観光協会の「忍阪(おっさか)周辺の古墳探訪」(桜井駅北口の観光案内所にあります)を頼りに森に入ります。その後は動画1でご覧いただけますが、説明文の冒頭に「古墳への道はありません」と記してあったのは嘘ではありませんでした。木立をかき分けた跡を頼りに進むとすぐに斜面が立ちはだかりました。道に迷った和歌山市の大谷22号墳以来の緊張です。裾を伝って登れるところを探し頂上を目指したのはいいが倒木が行く手を遮ります。しかも木につかまると枯れていて体が後ろにもっていかれます。何度も滑り落ちそうになりました。それでもあの上には石室が開口していると信じ、気持ちを奮い立たせ登ります。時間にすれば10分ほどだったのでしょうがようやく尾根上に到着。南に向いて開口する石室を見つけることができました。

石室は玄室長2.7m、幅1.6mとこぶりですが切石の加工技術が光る精緻なものでした。

飛鳥の岩屋山古墳同様、花崗岩の表面はきれいに磨かれています。高さ1.75mの奥壁、横壁ともに二段積みで両袖式です。動画でもよくわかりますが所々石材の隙間に漆喰がみられます。以前紹介した同じ桜井市の舞谷2号墳とは違い全体に塗られていたようには見えませんが、この漆喰の意味はなんなのでしょう。謎は解けません。朱と同様辟邪の意味が込められているのでしょうか長さ1.8mの羨道は一段ですが 「桜井の横穴石室を訪ねて」(桜井市埋蔵文化財センター、2010)によれば二段の可能性もあるようです。他の古墳同様、開口部は土砂で埋もれ現状の高さは1.2mはないと思われますが楽々入室可能です。登っている時にはそれどころではありませんでしたが、動画4にあるように円墳ということがわかる墳丘を確認できます。さて、前述の埋蔵文化財センターの冊子には「古墳の規模が縮小化に向かう7C後半の築造という点や、高度な切石の技法を用いていることなどから、周辺の古墳の中では重要な位置を占めていたことは間違いないであろう」と書かれています。専門家のこの説明が胸に落ちる見事な石室でした。

 この本文を書く前に再度桜井市観光協会の「忍坂周辺の古墳探訪」を読み返したところ重要なことに気が付きました。「勾配が急なので一旦、丘陵の裾を右に進み、登りやすそうな場所を探し頂上まで10m程度登りきり」とありましたが、慌て者の私は丘陵の裾を左に進んだようです。想像以上に苦労したというのは私の勘違いかもしれません。それはともかく古墳までの詳しい道順が記された観光協会のパンフレットと埋蔵文化財センターの冊子は桜井市の古墳を歩くには必携です。バスの本数は少ないので確認が必要です。なお談山神社行きで倉橋溜池口から歩いてトンボ広場に向かう方法もあります(撮影2018130日)。



エンドウ山古墳基本情報

所在地 奈良県桜井市大字倉橋

形状 円墳

規模 径10m 高さ2.5m 横穴石室 全長4.7m、玄室長さ 2.72m 幅1.6m 高さ1.75m、羨道長さ1.8m 幅1.1m 高さ1.5m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 本古墳は史跡指定されていない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村