墳丘も良く残る22号墳
  今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する22号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳及び2号、3号墳は紹介しましたが、今回の22号も大変規模の大きい石室を有する円墳です。1号墳の前の道から南西方向に500mほど下った林のなかにあります。素人目にはこれまで紹介した三基よりも墳丘の残りがよいような気がします。残念ながら今回の22号墳も羨道部分は削られていますが、それでも九州の石室に多い前室、後室を持つ複式構造の石室にはいつもながら圧倒されます。後室(奥室)と前室の間の袖石の立派なこと、すばらしいですね。ただ、土圧のせいでしょうか後室の壁が大きく傾いています。1号墳(クリックすれば飛べます)2号、3号墳と比較してご覧ください。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村