古墳群中最も遅くに築かれた前方後円墳
 西都原古墳群、ルートマップを片手に歩いて改めて古墳の数の多さに驚かされます。まさに、あそこにもここにもあるという感じです。同じ宮崎県宮崎市の生目古墳群や大分の川部・高森古墳群(宇佐風土記の丘公園)、関東のさきたま古墳公園と比べると、その点が大きく異なっています。その多くが整備保存されているのですから、それは壮観です。国の史跡より一段格上の特別史跡に指定されている理由もわかります(現在、古墳の特別史跡は
高松塚古墳、巣山古墳岩橋千塚古墳群など9か所)。

さて今回紹介する前方後円墳西都原202号墳(姫塚)は31基を数える西都原古墳群の前方後円墳の中でも最も遅くに築かれたもののようです。鬼の窟(いわや)古墳の南にあり、古墳が密集する第一支群からはポツリと離れています。ここにもあそこにもと書きましたが、ご覧になればおわかりのように202号の墳頂からは前方部の先に小さな204号しかみえません。墳丘は前方部が発達した典型的な後期古墳の姿をしています。二段築成の墳丘には幅10mの濠がめぐっています。古墳の簡素化の流れの一環でしょうか。葺石は見られなかったそうですから、築造当時もこの墳丘に近かったのではと想像します。埋葬施設は時期的に見れば追葬が可能な横穴石室も既に採用された古墳もあるなか(時期はもう少し早い福岡市の今宿大塚古墳が一例)、後円部頂に木棺直葬されていたようです。ただし説明板によれば出土した土器からして7C前半まで追葬が行われていたと考えられています。

これまでに紹介した西都原古墳群は下記のとおりです。ご一緒にご覧ください。西都原13号と35西都原169西都原206鬼の窟(いわや))、西都原170号と171(撮影日2017323日)。


saitobaru202 gou zu



西都原202号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 前方後円墳

規模 墳長57.3m、後円部径34.4m 高さ6.26.3m、前方部幅41.5m 高さ5.45.7m

二段築成、周濠あり

築造時期 6C

出土品 須恵器、鉄鏃多数、水晶製切子玉・勾玉・ガラス小玉、金銅貼り耳環

史跡指定 西都原古墳群として国の特別史跡

特記事項 西都原古墳群中最も遅く築かれた前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村