喧騒の中に残る巨大な前方後円墳
 はじめて遠見塚古墳を訪れたのは古墳踏査をはじめて間もない2012年の9月のことです。まだ古墳に集中するというよりは史跡全般を闇雲に見るという状態のなかで、東日本大震災の爪痕の残る多賀城を訪れたついでに立ち寄ったのでした。今回の動画1の冒頭にあるように(これは訪問三回目のもの)、国道4号線の歩道橋から見下ろした遠見塚古墳にはびっくりしました。静謐とは程遠い、長距離輸送の大型車がひっきりなしに通る国道沿いにその巨体を横たえているわけですから。保存の努力も並大抵のものではなかったのではないか。そのとおりでした。仙台市のHPによれば1947年駐留米軍の霞目飛行場拡張工事により後円部の北側半分が削られ、さらに仙台バイパスの計画路線に入る等破壊の危機にさらされたものの、1968年の国の史跡に指定され保存整備が図られたのだそうです。前方部の東端は道路のために削られています。

 肝心の墳丘はなかなか雄大です。後円部が高く、前方部が低い姿を遠くから眺めることができるからでしょうか。復元された緑一色の墳丘は築造当時の人々が見たものに近いのではないかと思いました。というのも築造時に葺石も埴輪もなかったようなのです。これだけ大型の前方後円墳なのに不思議です。少々後に造られたと考えられている墳長168mの雷神山古墳は葺石があり壺形埴輪が立ち並んでいました。ほぼ同じ頃に遠見塚古墳から南東方向に10㎞のところに築かれた雷神山古墳。二つの大型古墳の被葬者は仙台平野を支配した豪族に違いないでしょうが、二人の関係はどのようなものだったのでしょう。気になります。アクセスはJR仙台駅から仙台市営バスで遠見塚小学校前下車。以前はあった直行のバスがなくなっていますが、近くのバス停からでも十分歩けます。詳細はご自身でお調べください(撮影、2017421日)。


PNG toumizuka zu noteban

遠見塚古墳基本データ

所在地 宮城県仙台市若林区遠見塚

規模 墳長110m 後円部径63m 高さ6.5m、前方部幅37m 高さ2.5m

後円部二段築成、習濠あり(不均等)、葺石なし、埴輪なし

築造時期 4C

出土品 玉、櫛

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂の埋葬施設には竪穴墓壙が設けられ二基の割竹形木棺(推定)が粘土郭に包まれ置かれていたらしい

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村