百舌鳥古墳群中、間近に観察できる数少ない一基

 
 今回の中期古墳は宮内庁が仁徳天皇陵(大仙古墳)の陪塚としている永山古墳です。仁徳天皇陵の後円部の北西側200mほどのところに位置している墳長が100mもある前方後円墳です。古墳踏査をはじめて間もない頃、仁徳天皇陵後円部北側の周濠沿いの遊歩道から固まった森を見つけ、あれはなんだろうと思ったことをよく覚えています。調べてみると宮内庁が12基ある仁徳天皇陵の陪塚の一つとしている永山古墳でした。それにしても墳長100mもある古墳が陪塚といえるのか不思議です。そう思っていたところ明確に陪塚ではないと判断する専門家がおられました。「百舌鳥古墳群を歩く」(創元社、2014)の著者久世仁士さんです。「その規模からして陪塚とは考えられません」と明言しています。たしかに他の陪塚に認定されている古墳には円墳でもかなり大きい径60m茶山古墳や、墳長87mの前方後円墳丸保山古墳もありますが、永山古墳は墳長100mを超える点で図抜けた規模です。 
 とはいえよほど想像力を巡らさなければ古墳には見えない仁徳天皇陵とは違って近づくことができ、動画に見るように前方後円墳の墳丘がよくわかります。前方部の幅が後円部よりも大きいこと、後円部、前方部の高さがほぼ同じことがわかります。簡単に一周できます。久世さんによれば、墳丘を見通せる西側の濠は以前は民間の釣り堀として使われていたのを堺市が立ち退き請求を行い、その結果現在のような美しい濠が戻ったそうです。そうなのです。永山古墳は宮内庁が墳丘を管理し濠は堺市の管理になっています。奇妙なことに永山古墳を見た後、横断歩道を渡って仁徳天皇陵(大仙古墳)周濠を歩くと、その巨大さを改めて知ることになりました。アクセスはJR阪和線三国ヶ丘駅下車、西北側310号線を越えたところにあります。徒歩10分(撮影2017年8月28日)。
永山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市堺区東永山園
形状 前方後円墳
規模 墳長100m 後円部径63m 高さ10.3m、前方部幅68.5m 高さ10.3m二段築成、葺石あり、周濠あり
築造時期 5C前半
出土品 埴輪
史跡指定 なし 
特記事項 宮内庁は仁徳天皇陵の陪塚としているが、くびれに造出しがあり、後円部と前方部 の高さが同じところから堺市は独立した古墳とみている
PNG nagayamakofun (mozukofungun)7



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村