墳丘に三つの横穴石室
 今回紹介する後期の前方後円墳は石室が三つもありそのすべてが見学可能という非常に珍しくまた貴重なものです。古墳研究者、古墳マニアの間ではよく知られた存在だそうです(と葛城市歴史博物館の方のお話)。残念ながら後円部南側に開口する長さ16.7mの石室は鉄柵越しですが、動画1で見るように大きさを感じることはできますし、残りの二つの石室は開口部が土砂に埋まっていますが動画2、3のように入室できないことはありません。大中小三つの石室規模とそれぞれに葬られた人及び三者の関係はどのようなものだったのか思いを馳せることもできます。よく観察すると後円部にある最大の石室は両袖(羨道幅よりも玄室が左右に広がっている)、前方部の中規模の石室は片袖(羨道幅よりも玄室の一方が広くなっている)、最小のものは無袖(羨道幅と玄室幅が同じ)なので、被葬者のランクは石室の規模に加え、石室の袖によっても後円部→前方部→造出しの順ではないかと思いました。また金銅製金具、馬具、鉄剣等かなりの数の副葬品が出土しており一部葛城市博物館で見ることができます。

ただ二段築成の墳丘は自然に任されたままで刈り込みなどなされておらず後期古墳の特徴である後円部径36mに対して前方部幅41mと発達した状況などは観察不可能です。とはいえ東側をみると動画3の最後にあるように大和盆地を一望することができ古墳築造の地としてはまたとないところであることがわかります。後期古墳だからでしょうか。埴輪は検出されていません。なお二塚古墳の由来ですが、円墳が二つ並んだように見えたことからのようです。
 これまで紹介してきた複数の横穴石室をもつ古墳として滋賀県東近江市の八幡社46号墳(クリックすれば飛べます)をあげておきます。墳長21mと小型の前方後円墳に三つも横穴石室が設けられています。是非、二塚古墳と比較してご覧ください。

アクセスは近鉄御所線新庄駅から西に1㎞ほど。県道254号を超えたところにある浄願寺の裏側(撮影20161214日)。


PNG futazukakofun katuragishi zu
二塚古墳基本データ
所在地 奈良県葛城市寺口二塚
形状 前方後円墳規模 墳長60m、後円部径36m 高さ10m、前方部幅 高さ10m二段築成後円部石室 全長16.7m、玄室長6.7m 幅3m高さ4.1m、羨道長9.7m 幅1.7m 高さ2.7m前方部石室 全長全長9m、玄室長3.9m1.7m高さ1.9m、羨道長5.1m1.4m高さ1.5m 造出し部石室 全長7.8m 玄室長4.5m 高さ1.3m1.5m、羨道道3.3m、幅1.4m 高さ1.3m

築造時期 6C

出土品 後円部石室から金銅製金具、水晶製玉、ガラス玉、鉄製品、鉄製武器、前方部石室から鉄鋤、鉄斧、鉄製馬具、須恵器と土師器等、造り出し部石室から琥珀製玉、直刀、刀子、馬具、鉄鏃、鉄斧、鉄鎌、鉄鋤、大量須恵器

史蹟指定 国指定

特記事項 副葬品のうち土器の一部が葛城市歴史博物館で展示されている。大半は奈良県橿原考古学研究所付属博物館が所蔵




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村