住宅に囲まれた巨大横穴石室
 この蛇塚古墳、古墳の横穴石室をほとんど見たことがなかった2013年にはじめて訪れていますが、鉄骨で支えられた巨大な石にしか見えませんでした。しかも周辺はご覧のように
住宅が石室を囲むようにびっしり立ち並び、封土が失われた前方後円墳の後円部にはどうしても思えませんでした。それから4年、3回目の訪問でようやくおぼろげながら前方後円墳をイメージすることができました。ご存知の方も多いかもしれませんが巨大前方後円墳の築造は6C後半の奈良県の五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)で終わり、その後しばらくは築かれるものの墳丘規模はずっと小さくなります。そのおそらく最後といわれているものが畿内では墳長75mの7C中頃に造られたと考えられるこの蛇塚古墳です。後円部径は45mほどだったようで、その外周に沿って住宅が建っています。不思議な光景です。

 その石室ですが動画1でお分かりのように鉄骨でようやく支えられている状況です。その理由もわからなくはありません。羨道の天井石は崩落し、玄室の天井石も一枚しか残されていません。空がこれほど見える玄室ははじめてです。羨道を含めた石室の長さは17.8m玄室は長さ6.8m、幅は3.8m、高さは5.2mもあります。そこに4m×5m×2.5mもある巨石を含め大小30数個の石を積み上げて石室はこしらえられているそうで(京都市の文化財保護課の配布資料)石舞台古墳の石室(クリックすれば飛べます)によく似ているとのこと。しかも玄室幅は蛇塚のほうが大きく、見瀬丸山(五条野丸山)古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大きさだということです。残念ながら五条野丸山古墳の石室は埋め戻されていますが、石室の長さは28.4mと群を抜いているので比較の対象にはならないようにも思います。

それはともかく石舞台の18.7mと同規模というだけで驚かされますが、周辺の状況があまりに違いすぎて自分の頭のなかで比較することができません。皆さんはどう思われますか。ここまで崩落する以前に保全整備ができなかったものか残念でなりません。印象が異なる一つの理由は石舞台の石室が花崗岩なのに対して、こちらは京都周辺に多い堆積岩のためであるからかもしれません。同じ京都で蛇塚よりも早く造られた前方後円、天塚古墳(クリックすれば飛べます)の墳横穴石室とも比較してご覧ください。アクセスは京福電鉄嵐山線帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から南方向に徒歩10分です。松竹京都撮影所沿いの東側の道を歩くとすぐに見えます(撮影日2017913日)。


PNG hebizuka kyoto zu shuuseiban


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村