今回紹介する後期古墳は既に紹介した牛伏4号墳及び17号墳(お富士様古墳)と同じ牛伏古墳群に属する二基の前方後円墳2号と3号それに中規模の円墳5号墳です。いずれも

C後半に造られたと考えられ牛伏古墳群のなかでは最終段階のもののようです。中では3号墳は4号墳とともに横穴石室があったことが確認されていますが、残りの二基については発掘調査は行われておらず推定の域を出ないようです。ただし、2号墳は前方部幅が後円部径に比べ広く発達しており後期の古墳であることは間違いなさそうです。5号墳は径28mだけあって遠くからも墳丘の美しさが際立ちます。

古墳群は北側に200m級の山並みが連なる標高60mほどの微高地にあります。立ち並ぶ古墳は300m×200mほどのごく狭い地域に整然と眠っています。本格的な復元古墳牛伏4号墳(クリックすれば飛べます)はじめ今回の二基を含む前方後円墳が7基(内帆立貝型1基)、円墳9基があります。杉木立のなかに佇む中規模の古墳の数々は群馬県の大室古墳群や保渡田子古墳群のようなスケールの大きさは全く感じられません。しかし古墳の形容には相応しくないかもしれませんが愛らしいのです。牛伏古墳群の他の古墳は紹介する機会がないと思われます。今回の三基及び4号墳17号墳(お富士様古墳) (いずれもクリックすれば飛べます)をご覧頂き牛伏古墳群の全体のイメージをつかんで頂ければと思います。アクセスは常磐線水戸駅からイオンモール水戸内原行で中原バス停で下車し県道52号線を北に20分ほど歩くと左側に案内板が見えます(撮影2016419日)。
PNG ushibuse2,3,5gou zu




牛伏2号、3号、5号墳基本情報

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 2号、3号 前方後円墳、5号 円墳

規模 2号 墳長43m 後円部径28m 高さ5.8m、前方部幅36m 高さ5m

3号 墳長 44m、後円部径26m 高さ4.2m 、前方部幅 26m 高さ3m

5号 径28m 高さ 約5m

築造時期 6C

出土品 埴輪

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村