羨道から玄室まで見事に完存 


 今回の後期古墳、愛宕塚古墳は古墳踏査をはじめて間もない20146月に心合寺山古墳に寄ったあとに訪れています。まだ横穴石室について知識もなく、おまけに梅雨時ということもあって湿気が漂う石室にただただ不気味さしか感じませんでした。ヘッドランプを持参しなかったこともあり長さ約16mの奥壁まで見通すことはできず、真っ暗。そうそうに退散した記憶があります。 以来、三度目の訪問で今回の動画を撮ることができました。

 大阪府下で最大の横穴石室といわれるだけあってまずその高さに驚かされます。天井まで4mを超えるというのは、そうそうありません。すでに紹介した石室で4mを超えるのはは奈良県明日香村の石舞台古墳4.7m赤坂天王山古墳4.2mぐらいでしょうか(下記の古墳を含めいずれも古墳名をクリックすると直接飛べます)。大阪で二番目の規模と紹介した山畑2号墳の天井までの高さは3.1mにとどまります。終末期の岩屋山古墳のような精巧な切石のものとは違いますが、全体としての迫力ははるかにこちらのほうが上回るような気がします。幅の比較的狭い長い羨道を超えると両袖型の長方形の空間、玄室が広がります。この視覚的要素がより石室を大きく感じさせているのかもしれません。盗掘はされていますが、家形石棺の破片のほか装飾大刀、装身具、馬具、須恵器などが出土しています。

 古墳時代には現在の八尾の先には河内湖が広がっていました。これだけ大きな石室をもつ愛宕塚古墳の被葬者も水運に関係をしていたのではないだろうかと想像をたくましくしています。
 古墳のあるところは生駒山系の西の山腹にあたりますが、一帯には高安古墳群として200基ほどの横穴石室を有する後期古墳が築かれています。すでに紹介した山畑古墳群もその支群の一つです。なかには非常に珍しい形式の横穴石室も残されています。いずれアップします。

愛宕塚古墳へのアクセスは直接行くよりも心合寺山古墳を訪ね、そこのガイダンス施設で散策マップを入手することをお勧めします。近いのですが迷う可能性があります。雰囲気は動画1の冒頭で確認できます。近鉄河内山本駅から瓢箪山駅行で大竹下車徒歩5分。バスの本数は1時間に3ないし4本です。バス停の目の前の道を東に300mほど歩くと左手に心合寺山古墳公園が見えます。月曜は休館日です(撮影2017216日)

PNG atagozuka yaoshi ichikankei

愛宕塚古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市神立

形状 円墳

規模 径25m、高さ6.7m

横穴石室 全長 15.7m、玄室 長さ7.0m 幅3.1m 高さ4.2m、羨道8.7m(動画3のキャプション
9.5mは誤り)
 幅2.1m 高さ 不明

築造時期 6C

出土品 龍文銀象嵌鞘金具(りゅうもんぎんぞうがんさやかなぐ)付捩(ね)じり環頭大刀(かんとうたち)(出土地域が奈良、大阪府に限られる非常に珍しいものらしい)。鉄鏃、鉄鉾、玉類、馬具、須恵器、土師器の土器類多数

史跡指定 府指定

特記事項 大阪府下で最大規模の横穴石室



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村