非常にダイナミックな印象を受ける前方後円墳です。動画1と2でその一端をとらえることができていれば嬉しいのですが・・・。この前方後円墳、墳長はわずか68mしかありません。なのにこれだけ大きくみえるのは古墳の周囲、とりわけ南側が谷のように削り取られているからではないでしょうか。実は沖出古墳には周溝はありません。丘の先端を利用して造られているために周濠をめぐらす余地がなかったのでしょう。その周濠のように見える谷を隔てて造られた現代の道路からは並行してその巨艦のような墳丘をとらえることができます。当時は下から見上げた墳丘を現在の我々は、ほぼ同じ高さから見ているわけです。

  東側から見る葺石のある後円部三段、前方部二段の墳丘はまた印象的です。動画1でおわかりのように墳丘を見下ろしているのです。前方後円墳は数あれど、高いところから墳丘を眺めることができる数少ない例といってよいと思います。東広島市の三ッ城古墳も見事でした(クリックすれば飛べます)。墳丘には円筒、壺形の埴輪や家形埴輪が置かれていたようで一部復元されています。また船の絵が描かれた朝顔形埴輪も出土して太陽が沈む方向に置かれていたとのこと。嘉麻市の遺跡ブックレット(2015年)では、古代人は、船があの世とこの世を結ぶ乗り物と考えていたと説明しています。

  この古墳で珍しいのは腕輪型の三種類の石製品(石釧、車輪石、鍬形石)が出土していることだそうで九州では沖出古墳だけだそうです。そのほか盗掘坑を利用して造られた道をたどると後円部にある竪穴石室を覗くことができるのも珍しい試みです。なかにはレプリカですが割竹型石棺が置かれています。アクセスはJR九州筑豊線の桂川(けいせん)駅から西鉄バスで西鉄大隈営業所行きで牛隈下車徒歩で20分ほどです。国道211号の牛隈の交差点を北にあがり沖出の信号を東に進むとほどなく動画2の墳丘がみえます(撮影20161226日)。
PNG okidekofun zu






沖出古墳基本データ

所在地 福岡県嘉麻市漆生

形状 前方後円墳

規模 墳長 68m、後円部 径40m 高さ6m  、前方部幅26m 高さ4m

後円部 三段、前方部二段築成、葺石あり、周濠なし

竪穴式石室は長さ3.7m、幅1.5m、深さ1.2m

築造時期 4C

出土品 石製品(鍬形石、車輪石、石釧)、円筒、壺形、朝顔、家形埴輪、鉄刀、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 石製品三点セットは九州では唯一。朝顔形埴輪には船の絵が刻まれていた。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村