今回紹介する五社神(ごさし)古墳は大和・柳本古墳群に造られた王墓が奈良北部の佐紀古墳群に移動したなかで最大規模を誇る前方後円墳です。長さ267mもある墳丘は全国12位というだけあって動画でも全体像を捉えることはできません。加えて神功皇后陵に宮内庁が指定しているために他の陵墓と同様、墳丘に登ることはできずかなりストレスは溜まります。

いったいどこが後円部なのか一瞥しただけではとてもわからないのです。手掛かりは拝所です。どの陵墓も同様ですが(陵墓参考地は拝所がないので後円部、前方部の違いがわかりにくい)、前方部端の中央に拝所はあります。ということはこちらが前方部と納得して動画1を撮ってみました。それにしても長い。幅は150mもあります。では後円部はどこか地図を頼りに探してみると、後世に造られた溜池が周濠のように墳丘東側に沿って回っていることがわかりました。そのくびれあたりにある渡り土手のようなところからようやく後円部を含め墳丘全体をイメージすることができました。それが動画2でご覧いただけます。

といっても古墳に興味がない人にとっては単なる森にしか見えないことは他の大型古墳同様です。それでは墳丘の西側はどうか。走っている道路からは墳丘を見上げる形になり、しかも次第に離れていくので観察には向いていません。こうした大型の前方後円墳をみるたびに古墳の面白さを伝えることの難しさに頭を抱えてしまいます。

ところで佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)(クリックすれば飛べます)、佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)を既に紹介しましたが、石野博信編「全国古墳編年集成」(雄山閣出版、1995年)に基づき築造時期は4C末とし、今回の神功皇后陵はその二基より前の4C後半に造られたとしました。ところが白石太一郎さんの倭国の形成と展開(敬文舎、2013年)では日葉酢媛(佐紀陵山)が4C央、成務天皇陵(佐紀石塚山)が後半と先に造られ神功皇后陵は4C末とみています。最新の研究成果をもとにした編年でしょうから白石説のほうが正しいのかもしれません。佐紀古墳群では他に佐紀瓢箪山古墳塩塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)をアップしています。今回の五社神古墳とは違い墳丘を間近にみることができます。合わせてご覧ください。五社神古墳へのアクセスは非常にわかりやすく近鉄京都線の平城駅の北口から300mほど北にあがったところにあります。手前に八幡神社がありその道沿いです(撮影2016118日)。
 PNG oosaka nara no oogatakofunbunnpuzu




神功皇后陵(五社神古墳)基本データ

所在地 奈良県奈良市 

形状 前方後円墳

規模 墳長267m、後円部径190m 高さ27m、前方部幅150m 高さ 20.5m

四段築成、周濠なし

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形等形象埴輪

史跡指定 なし 

特記事項 2008年に陵墓としては学会初の立ち入り調査が行われた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村