レンガ状の磚(せん)積式の小さな石室
  羨道がだいぶ破壊されているためにいきなり小ぶりの玄室が出迎えてくれて少々驚きました。奥には後世置かれたであろう石仏が・・・。石室まわりの藪が刈り込まれていたのでいっそう、露わになった玄室が目立ちます。これまで訪れた石室とはずいぶん印象が違います。思い返せば二つの理由があることに気が付きました。一つには記したばかりですが入口から玄室を見渡すことができる点です。これまでの石室の大半は、狭い空間を腰をかがめて歩いて漸く玄室にたどり着くというものでした。二つには板石をレンガ状に加工して積み上げ上から漆喰を塗っているという石室そのもの造られ方の違いです。なんとなくペンキが剥げたような印象を持たれるかもしれませんが、漆喰が長い年月で剥がれ落ちたためで元は全面的に白く塗り固めてあったそうです。それにしても石室は辟邪の観点から朱が塗られていると思ったっていたのでびっくり。古墳時代末期の7C中頃になると墳丘の規模がずっと小さくなるだけでなく、石室内の被葬者をどのように守るかという点でも変化があったと考えざるを得ません。

 磚(せん)積式と呼ばれる板石をレンガ状に加工して積み上げる石組。どこかで見た記憶があります。そう棺が高野槇製だったことがわかり倭との関係が裏付けられた第25代百済武寧王陵の石室でした。実際の墓には入れませんでしたが、レプリカが博物館にあり(動画2の最後)、同様の磚(せん)積式でした。もっとも漆喰は塗られていませんでしたが。

ということはこの舞谷2号墳にも百済と関係の深い人々が眠っていると思いを巡らせたくもなります。実はそれほど離れていないところにある花山東、西の両古墳の石室もレンガ状に板石を加工して積み上げ漆喰が塗られています。この地域全体かはわかりませんが百済の影響を受けていた有力者がいたことは確かに思われます。

 墳丘はその形を確認することはできませんでしたが10.6m×9m 高さ2.5mの方墳だそうです。地域の方々などが草刈をされ石室周りは冒頭に書いたようにきれいでしたが、以前は辿りつくのも大変なほど荒れ放題だったようです。アクセスですが桜井駅南口から多武峯線 談山神社行き(1時間に1本)で浅古バス停で降り徒歩20分ほど。桜井駅の観光案内所で入手できる「鳥見山周辺の古墳探訪」という地図つきのパンフレットは必携です。ルートの説明があります。動画のあとに舞谷2号墳と周辺古墳の略図を掲載しておきました。桜井駅中心からほど近いところに前期から終末期まで多数の見るべき古墳があることがわかります。全てアップ済みですので是非ご覧ください(古墳名をクリックすれば直接飛べます)(撮影2017215日)。
桜井茶臼山古墳メスリ山古墳兜塚古墳秋殿南古墳谷首古墳艸墓古墳文殊院西古墳



PNG maitani2goufun to shuuhenkofun

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村