生目3号墳(クリックすれば飛べます)をアップしたあと宮崎出身の若者に会う機会があったので古墳群のことを聞いてみました。生目の杜運動公園は部活で行ったことがあるけれど、古墳群は知らないとのこと。残念ですね。ここには墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州では古墳時代前期(3C央から4C後半)に限定すれば九州最大という貴重さです。古墳マニアにはよく知られた西都市の西都原古墳群(クリックすれば飛べます)よりも古墳時代前期では生目古墳群ほうが古いのです。

 広い園内を3号墳に続き、5号墳、7号墳、14号墳などを見学しながら南に下ると、ひと際目立つ墳丘らしき塊が見えてきました。はげ山のように見える22号墳です(あとでわかったのですが墳丘の北側雑木が伐採されていました)。3号墳につぐ4C後半の築造といわれています。近づくと円墳にも見える後円部が立ちはだかります(動画1)。前方部が未発達のためのようです。発掘調査中らしく、くびれ辺りにブルーシートがかけられています。

 ブルーシートを避けつつ墳丘に登り前方部を見渡してみると広がりがほとんどない方形の前方部が目に入りました。前期によくみられる柄鏡型の前方後円墳です。後円部は3号墳と同様に墳頂の途中にかなり広いテラスが広がっており段築のようにも見えます。残念ながら後世、砦を築いた際の薬研堀の跡を埋め戻したものと考えられています。発掘調査のブルーシートの横を見ると墳丘に葺かれていたと思われる比較的小ぶりの石が隅に集められていました。墳丘は5号墳と同様、葺石で覆われていたようです。

アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。

PNG ikime22goufun zu


22号墳(生目古墳群)基本データ

所在地 宮崎県宮崎市

形状 前方後円墳 後円部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長 101m、後円部径60m、後円部径60m、高さ約9.2m

前方部幅26m 高さ4.6m

築造時期 4C

出土品 壺形埴輪、土器

史跡指定 生目古墳群として国指定

特記事項 墳丘くびれあたりに小規模の造出しが確認されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村