今回紹介するのは高岡1墳(クリックすれば飛べます)に続き長野県飯田市にある後期古墳の二つの前方後円墳、姫塚古墳と上溝天神塚古墳です。姫塚は墳長40mほどの墳丘を確認できますが、残念ながら上溝天神塚古墳のほうは前方部は削平され後円部の一部が残るのみです。しかも上溝集会所と神社が建っているために石室をみなければ誰も古墳とは思わない姿に変わってしまっています。周囲はアパートに囲まれ窮屈そうです。動画では周囲の状況がわかってしまうので上溝天天神塚古墳については横穴石室のみになってしまいました。

 ただ、二つの石室はご覧のように見事です。花崗岩の自然石を用いた積石で男性的な印象を受けます。姫塚のほうは塗られた朱がよく残っており、上溝天神塚のほうは敷石がきれいです。高岡1号墳を含め飯田古墳群には大小22基(内4基は帆立貝)の前方後円墳が築かれましたが、今回の二基もヤマト王権が認めた伊那谷の豪族の墓であったに違いありません。

 飯田古墳群の簡単な位置関係を掲載しましたが、私は高岡1号墳(クリックすれば飛べます)のあるJR飯田線元善光寺駅からバスで飯田高校前まで移動し、あとは徒歩で南下し二つの古墳を見学しました。残りの古墳を見学しても日帰りは可能でした(撮影日201744日)
PNG iidakofungun zu




姫塚古墳と上溝天神塚古墳(飯田古墳群)基本データ

所在地 長野県飯田市松尾

形状 ともに前方後円墳

規模 姫塚古墳 墳長 墳長40m 後円部径 23.6m 高さ5.4m 前方部幅23.6m高さ5.2m 羨道部分は大半が消滅 玄室長2.9m 高さ1.4m、幅1.1m

築造時期 6C

上溝天神塚古墳 墳長 約41m、 後円部径25m 高さ5m、前方部(消滅)

出土品 姫塚古墳 七鈴鏡

上溝天神塚古墳 銅鏡、鉄剣、鉄鏃、玉類、金環、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 上溝天神塚古墳石室は朱がよく残る




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村