能美市の歴史民俗資料館の東側の尾根に広がる和田山古墳群(小型の円墳)は比較的こぶりの円墳が連なります。やはり二度目は勝手が違います。どこに何があるか大凡の見当がつきます。そう静止画像しか前回は撮らなかったので再訪なのです。ところが生憎の春の雨。花時雨(はなしぐれ)というのでしょうか。それもあってか人には出会わず、春の終わりを独り占めしました。

1号墳から12号墳まで連なっているので5号墳は丁度真ん中あたりにありそうですが、尾根を降り切ったところの独立した丘陵頂上にあるのです。如何にも他の古墳を従えているといいった印象をもちます。5号墳が和田山古墳群では唯一の前方後円墳で規模も56mと比較的大きめなこともそうした見方を裏付けるような気がします。そして何より出土した副葬品の大半が武具だったことに驚かされます。動画4に見る短甲をはじめ槍、鉄刀、鉄剣、鉄槍、鉄鉾、矢束等が二つの粘土郭の埋葬施設から出土しています。現地の説明板によれば、現在までこれほど豊富に武具等が埋葬されていた例は日本海側では和田山5号墳だけだそうです。5C中頃、軍事部門を担当していた豪族で、朝鮮半島への出兵にも功があったのかもしれません。

再訪してよかったと思ったのは、前方部が異常に発達していて中期の一般的な前方部の発達ぶりをはるかにしのいでいる点が、草に覆われた夏ではよくわからなかったのです。今回、それがはっきりと目に飛び込んできました。独立丘陵の頂上という敷地の制約も後円部面積を十分にとれなかった理由かもしれません。

能美古墳群では既に秋常山1号墳秋常山2号墳を紹介しています(古墳名をクリックすれば飛べます)。道を隔てた徒歩で10分ほどのところにあります。是非、比較してご覧ください。秋常山のほうが早く築かれたと考えらているようですが、だとすれば両者はどのような関係にあったのでしょう。そうしたことに思いを馳せるのも楽しいですね。アクセスはJR小松駅から寺井史跡公園行き小松バスで30分ほど。昼間に5-6本、あります。バス停前に消防署があり、その裏に能美市歴史民俗資料館があります。パンフレットなどが入手できます。和田山古墳群はその東側にあります(撮影2017年4月12日)
PNG wadayama 5
PNG nomikofungun zentai zu



和田山5号墳基本データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後円墳

規模 墳長56m 後円部径29m 高さ5m、前方部幅47m 高さ4m

周濠なし

築造時期 5C

出土品 三角板鋲留短甲、鉄刀、鉄剣、鉄槍、鉄鉾、矢束等武具多数 埴輪なし

史跡指定 能美古墳群として国指定

特記事項 秋常山古墳群とトータルで観察の必要



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村