JR桜井線沿いには数多くの古墳が築かれています。これまで紹介したものだけをあげるだけでその多さに改めて驚きます。北から並べると下池山古墳中山大塚古墳黒塚古墳、崇神天皇陵(行燈山古墳)、櫛山古墳纏向石塚古墳纏向出現期古墳(矢塚古墳、勝山古墳、東田大塚古墳)、ホケノ山古墳それに箸墓古墳になります(古墳名をクリックすれば直接飛べます)。いずれも出現期を含む前期古墳です。ところが今回の珠城古墳群は中期を飛び越して6Cの前期から後期にかけて造られた前方後円墳なのです。中期に位置づけられる古墳は西山塚古墳しかありません。なぜこれほど密集といってもよいほど前期古墳が造られた三輪山の麓、奈良盆地東南部にパタリと古墳が造られなくなったのはどうしたことでしょう。専門家ではなくとも権力の移動があったのではないかと推察することは可能です。少なくともこの地域に古墳を築こうとは思わない権力者が新たに登場したといえないでしょうか。既に紹介している佐紀古墳群の古墳の被葬者たちがその候補になります。そして6Cになると規模は小さいものの豪華な副葬品が出土した今回の珠城古墳群が巻向に造られました。

 こぶりとはいえヤマト古墳群では観察が不可能だった石室、それも横穴石室が見られるという点で1号墳は特に貴重です。石室自身は動画1でおわかりのように、自然石を使用した素朴なもので平面加工などは丁寧にはされていません。豪華な副葬品が出土した組合式箱式石棺は橿原考古学研究所の敷地内に移築されています(動画2の最後)。石室、石棺からは挂甲、刀子、ガラス製小玉、環頭太刀、武器類、工具類、金銅製勾玉などが含まれます。3号墳からも太刀類、挂甲小札、鉄鏃、杏葉が出土しています。埋葬施設が不明の2号墳は前方部の高さが印象的で後期古墳の特徴を見た気がしました(動画3)。なお、前方部端からの眺めは素晴らしいのひとことです。アクセスはJR桜井線巻向駅から県道129号線に出て北に上り辻北の交差点を東に歩くと左手にみえます。(20151028日、201759日)。

Tamakiyama kofungun zuPNG 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村