JR小松駅から小松バス国府台行きで30分ほど。小松市東部に開発された工業団地を通り住宅団地の中にある国府台バス停から徒歩で10分ほどで目指す河田山(こうだやま)古墳群史跡資料館はありました。開発で60基を越える古墳の大半は消滅し、そのうちの二基は資料館裏手の古墳公園に現状保存され、移築復元された12号墳と資料館内に33号墳の石室が残されています。開発された住宅団地は7-8㎞先に日本海を臨む標高4-50mのところにあり古墳を築くには絶好の地であったことはよくわかります。

 自然に任せた公園内の雑木林のなかに眠る1号墳、9号墳は墳丘がよく確認できず動画では紹介できません。他方、きれいに復元された方墳の12号墳ですが数十m先の道路建設現場から基盤ごと移築されたもので天井はアーチ形をしていたのではないかと考えられています。類例が国内にはなく朝鮮半島の影響ともいわれているようです(天井部分が完全に崩落していたために横壁の切石の組み方から推定)。一辺15mと小規模な古墳に完成度の高い切石が使われているというのは被葬者の力の大きさを偲ばせます。残存する横壁と奥壁はコンクリート製の天井がアーチ型になった上屋で覆われています。やや不思議な感じがする空間です。動画1の最後でおわかりのように墳丘が崩れてこないようにとぐるっと外護列石と呼ばれる石が回っています。既に紹介した終末期古墳 中山荘園古墳(クリックすれば飛べます)と同様です。動画最後の静止画像の石室内説明板には、「この部分に注目 天井がアーチ状になるように切り石を加工した全国的にも珍しい石室です」

また動画3では資料館に石室が保存されている河田山33号墳を紹介しています。玄室と羨道の間の仕切り石の役割でしょうか。しきみ石と呼ばれる石が横たわっているのが印象的です。アクセスは冒頭に書いたとおりですが本数は午前、午後2本程度と少ないのでご注意ください。バス停下車後資料館までの道順はわかりやすいです(撮影2016111日)。




河田山12号墳と33号墳基本データ

所在地 石川県小松市国府台

形状 12号墳 方墳 33号墳 不明

規模 12号墳一辺15m 33号墳 不明

石室 12号墳 奥行5m 幅2.2m33号墳 奥行3.26m 幅2m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村