珍しく墳丘に登れる大型前方後円墳
 
 JR
山陽本線の御着(ごちゃく)駅から徒歩で10分ほどのところ目指す古墳はありました。駅の北東方向にある引っ切り無しに車が行き来する国道を越えたすぐそこです。あれっと思うぐらいひっそりと静まり返った緑のなかに墳長143mもの前方後円墳が横たわっていました。墳長100mを超える前方後円墳は全国で302基を数えますが、消滅していたり原形をとどめないほどに破壊されているものもあり、外形をよく留め墳丘に登れるこの古墳は大変に貴重です。

墳丘は動画でお分かりのように中期以降の前方後円墳によくみられる前方部幅が後円部径よりも大きい寸胴な形をしています。西側に造出しがあり10mから20mほどの幅の周濠が巡っています。大阪府藤井寺市の古市古墳群の一基、仲ツ山古墳の墳形(応神天皇の妃仲津姫陵として治定)の二分の一の相似形であるところから、ヤマト王権との親密さがうかがえるそうです(現地説明版)。周濠と墳丘の間に三か所ある渡り土手がアクセントになっていてなかなかの風情なのですが、姫路市埋蔵文化財センターの話では後世に造られたものだということで少々残念な気分でした。

 この古墳で他の古墳では見られない特色の一つは後円部に長持型石棺の蓋の部分が露出していることです。動画の最初のほうでご覧になれます。長持型石棺は中期古墳によく見られる長持に似た組合せ式の石棺で大王や地方では最有力首長の埋葬に使われたそうです。ここからも壇場山古墳の被葬者のヤマト王権との近さがうかがえます。その石棺は竪穴式の石室に埋納する場合と土坑に直接埋める場合があったようで、壇場山の場合は後者のために蓋石を幸いにもみることができるというわけです。石材は山陽新幹線西明石駅を過ぎてほどなくして右手に石切り場が見える凝灰岩の竜山石(たつやまいし)ですが、被葬者は竜山石を産出する地域(現兵庫県高砂市)を支配していたのでしょうか。

動画からもおわかりのように周囲にマンションは建っていますが壇場山古墳の雄姿を遮るほどのこともありません。動画最後ではいくつかある陪塚から、主墳と同様の長持型石棺が露出する一辺60mほどの方墳 山之越古墳を紹介しています。墳丘の半分ほどが削られ無残な姿ですが、墳頂から壇場山古墳がよく見え、両者の関係を思い浮かべることができます。

アクセスは冒頭に書いたとおり駅前の道を北に歩き国道2号線を渡るとほどなく住宅街に入り左側を注意して歩くと案内板があります(撮影201646日)。PNG danjyouzan zu



壇場山古墳基本データ

所在地 兵庫県姫路市御野国町

形状 前方後円墳 方墳(陪塚 山之越古墳)

規模 墳長143m、後円部径83m 高さ11.4m、前方部幅87m 高さ11.4m  三段築成、葺石、周濠あり 陪塚 山之越古墳(方墳、一辺60m、高さ7m、周濠あり)

築造時期 5C前 陪塚 山之越古墳(5C央)

出土品 円筒埴輪、家形、盾型等形象埴輪、鉄鏃、刀剣等、陪塚 山之越古墳(円筒埴輪、銅鏡、玉類、刀剣類)

史跡指定 国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村