琵琶湖の南端、膳所から1㎞ほどの丘陵に築かれた前方後円墳 膳所社臼山古墳を訪れるのは二度目です。古墳踏査をはじめて間もないころに訪問した際には基礎的な知識も十分でなかったこともあり雑木が鬱蒼と立ち並ぶ墳丘はただの山にしか見えませんでした。しかも調べてみると古墳が築かれた丘陵先端は標高145mもあり、公園入口からは結構な登坂が続き、折角歩いたのにと苦い思いで古墳を後にした記憶があります。

再訪した201510月中旬も緑濃い状況は変わりませんでしたが、多少知識も増えたせいでしょうか、墳丘はよく残っているとの説明板どおり確認できた気がします。動画2のくびれから前方部に向かうところでは墳丘の高まりがよくわかりますし、動画1の後円部に登った先には壬申の乱の敗者、大友皇子及びお供の者を供養する小さな祠がまつられています。二か所の階段から登ることのできる墳丘には本来葺石が葺かれていたことがわかっています。木々がなければ琵琶湖をのぞむことができたでしょうし、湖からもキラキラ光る葺石に覆われた丘陵先端の古墳が見えたはずです。

肝心の墳長はじめ基本データは現地案内板の数字と近藤義郎他編 前方後円墳集成(山川出版社、1992年)ではかなり異なります。集成のほうが新しい調査を基にしているのでこちらを採用しています。前方部の高さは後円部より3m低い5m、前方部の幅も後円部径60mよりずっと狭い40m、動画撮影位置の図でわかるように墳丘は柄鏡形と典型的な前期前方後円墳の様相を呈しています。アクセスはJR膳所駅下車。東海道線に並行して走る国道1号線を1㎞ほど南下し秋葉台の信号を右折するとすぐに茶臼山公園の入り口があります(撮影20151013日)。
PNG zezechausuyama zu 修正版






膳所茶臼山基本データ

所在地 滋賀県大津市膳所平生町秋葉台

形状 前方後円墳

規模 墳長120m、後円部径60m 高さ8m、前方部幅30m 高さ5m

葺石あり

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 後円部頂に壬申の乱で敗れた大友皇子らを祀る祠がある



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村