今回紹介する古墳後期の最後頃(7C初)に築かれたと考えられる秋殿南古墳は既に紹介した桜井駅の南側に広がるいくつかの古墳の至近距離にあります。古墳を訪問しはじめた頃から何度も降りたったJR桜井線(近鉄〇〇線)桜井駅ですが、あらためて見返してみるとあの古墳がこんな近くにあったと改めて驚かされます。あとで言及する全ての古墳が2㎞四方に点在しています。はじめの頃はバスに乗り継いで目指す古墳を訪ねましたが、本数の少ないバスを待つよりも歩いたほうが時間のロスが少ないことに気が付きました。

 本題からは外れましたが、今回の秋殿南古墳、見応えのある横穴石室です。桜井駅の南東に聳える鳥見山(とみやま)の裾にある一辺26mの方墳です。といっても動画4でおわかりのように墳丘は雑木林に覆われており素人にはその形はまったくわかりません。南側に開口する横穴石室、ご覧のように入口は埋もれ羨道部分はもともと高さ1.4mほどしかないためにかなり前に進むのが大変でした。しかし7mほどの羨道を歩きながら正面に広がる奥行4.5mの玄室を見ると、そのコントラストの美しさとスケールに驚かされました。このあたりは、つい最近紹介したおそらくは庶民の家父長クラスの小ぶりの横穴石室とは全く違います。だいぶ前に訪れた秋殿南古墳ですが、動画を見返してみると同時代にこうした異なる規模の横穴石室が日本全国で築かれていたことに感慨を覚えました。

 秋殿南古墳の横穴石室は明日香村の精巧な切石で知られる岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)に近いという解説もあるようですが少々違う印象です。花崗岩製と思われる石組はよりダイナミックな感じがするように思えるのですが・・・。アクセスは冒頭で書きましたように徒歩がお勧めですがバスの場合は桜井市コミュニティーバス(桜井駅南口発)談山神社行きで朝古下車。徒歩10分。バスは一時間に一本です。バス停から東に歩き(県道37号線)四つ目の辻を左折すると動画4の畑がみえます(撮影日20151027日)。

 なお参考のためにこれまでアップした近くの古墳と位置関係をあげておきます。クリックすれば飛べます。是非比較してご覧ください。

 前期の桜井茶臼山古墳メスリ山古墳、中期の兜山古墳、後期の谷首古墳、終末期の艸墓古墳安倍文殊院西古墳の各古墳です。
PNG akidonominamikofun to




秋殿南古墳基本データ

所在地 桜井市浅古

形状 方墳

規模 一辺24m26m)高さ不明 

横穴石室 長さ11.2m(天井石が残っているところまで)、玄室長さ4.48m

2.26m、高さ2.4m、羨道長さ6.72m アバ1.7m 高さ1.4m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村