横穴石室もこのブログでは数多く紹介してきましたがそれぞれ個性豊かで感心するばかりです。今回の古墳は既にアップ済みの富田林市のお亀石古墳と同様の横口式石槨をもつ

観音塚古墳です。時期的には7C中頃とお亀石よりはやや後に造られたと考えられているようです。墳丘はブドウ畑づくりに使われて大きく崩れておりその規模は不明とのことですが径13mの円墳と想定されています。ずいぶんと小規模です。そうだとしても動画でおわかりのように精巧な切石積みの前室とつい最近造られたのではないかと思われるほどの石槨の見事さからするとかなりの有力者の墓であったに違いありません。墳丘の大きさが権力の象徴ではなくなったことがわかります。とはいえ節約志向に転じたというわけではないのですね。大型古墳の造営が事実上禁止となった薄葬令が出されたのは大化2年(646)ですから、まさにその方針に沿った古墳ということになります。お亀石が羨道から石槨が連結していたのに対して観音塚は短い羨道に前室があって石槨と複雑です。繰り返しになりますが前室の切石の積み方。何度みても現代の技術レベルと変わらない印象です。

 羽曳野市のお亀石及び横口式石槨と類似の形式、横口構造をもつ石棺式石室の例として九州 大分県大分市の古宮古墳をあげておきます(古墳名をクリックすれば直接飛べます)。是非比較してご覧ください(古墳名をクリックすれば飛べます)。

 肝心の観音塚古墳は近大阪線上ノ太子駅の北側の丘陵にあり今では周辺は一面ブドウ畑。動画3の後半のような風景が広がっています。後世に造られたため池が景色を引き立てます。上ノ太子駅北側の竹ノ内街道を西に100mほど歩き北方向に曲がる坂を(飛鳥ワインが途中にある)道なりに信号まで進みます。信号を直進(右手に仲村ぶどう園)しさらにあがると

ため池があるので池沿いに左に進むと動画3の階段手前に観音塚古墳の標識が見えます。徒歩で15分ほど(撮影日201689日)。
PNG kannonzuka habikino zu shuueibann