このブログを2015518日に立ち上げて早いもので2年が過ぎました。第一回は古墳時代はじまりの象徴ともいえる箸墓古墳以下古墳名をクリックすれば飛べます)でした。最初の定型化した前方後円墳です。その後、全国各地の古墳を踏査し動画のアップを続けていますがお楽しみ頂いているでしょうか。これまでに前方後円墳、前方後方墳、円墳、方墳238基(韓国の古墳は除外、複数紹介している回もあるので概数)を紹介することができました。

以下はヒマネタです。ご関心があればお読みください。

この2年間で墳長100m以上の前方後円墳(前方後方墳を含む)を何基アップしたかおわかりでしょうか。答えは76基です。ただこの中には墳丘に登れない陵墓や陵墓参考地も含まれています。全国に墳長100m超の前方後円墳(前方後方墳)は302基築かれているそうですからまだ道半ばにも達していません。消滅したものもあるとはいえ気が遠くなりそうな数です。

これまでアップした中で最大の古墳は大阪府堺市の墳長486m仁徳天皇陵(大仙古墳)です。やはり何度見てもその圧倒的なスケールに驚かされます。墳丘に登れる前方後円墳で最大のものは岡山県岡山市の墳長350mの造山古墳です。遠くから大きさを実感できる点で百舌鳥・古市古墳群の陵墓よりはわかりやすいと思います。

奈良県橿原市の墳長318m五条野丸山古墳は畿内で墳頂に登れる数少ない巨大古墳ですが周囲の開発が進んだために遠くから全体を眺めにくい点が残念です。前方後方墳では最大の奈良県天理市の墳長183m西山古墳は見逃せないでしょう。東国では群馬県太田市の墳長210m太田天神山古墳が見応えがあります。十分伝えられているかはわかりませんがお時間があれば巨大古墳の姿を動画で堪能頂きたいと思います。なお見かたのコツですが動画が4本あった場合、動画2と3が墳丘メインのケースが多くなっています。古墳周囲の様子や古墳の遠景の動画1を見終わったあと是非動画2以下にもお進みください。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村