はじめて目にした時どう読むのだろうと一瞬戸惑いを覚えた宮崎県宮崎市の生目(いきめ)古墳群。よく耳にするプロ野球のキャンプが行われる野球場(生目の杜運動公園)に隣接しています。墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州で古墳時代前期(3C央から4C後半)に造られた前方後円墳では九州最大です。ということは当時この日向の地では西都市の西都原古墳群(古墳名をクリックすれば直接飛べます)ではなく生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたことになります。

宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えました。目指す古墳公園です。これでほっと一安心です。というのも下調べをして現地に到着しても必ずしも古墳によってはどこにあるかわからないことも少なくないからです。胸の高まりを覚えながら古墳に急ぎます。どんな表情で迎えてくれるのでしょう。階段をあがると右方向にあとで5号墳とわかる墳長57mの前方後円墳が横たわっていました。全面葺石の墳丘です。その驚きは5号墳の紹介の時に触れるとして、そのすぐ後ろに今回紹介する古墳群で最大の前方後円墳、4C央に造られた墳長143m3号墳が見えました。3号墳と100m超の他の2基もともに前期に造られています。動画でおわかりのように3号墳は墳丘には手を加えずに保全されていますが、南西側には他の古墳がなく遠くから眺められるために実際よりも大きく見えます。残念なのは前方部、後円部ともに木立に遮られて冬以外は見通しがきかなさそうな点です。墳丘の崩れを防ぐためかもしれませんが木々の伐採など期待したいものです。

 前方部から後円部に歩くと段築らしきものが見えてきました。墳頂に登る途中にかなり広めのテラスがぐるっと回っているのがわかります。自然に任せる保全の仕方で段築がここまで明瞭なのは珍しいと思いましたが、あとで調べるとやはり後世に手が入っていました。戦国時代に砦として利用された名残りのようです(柳沢一男他著、生目古墳群と日向古代史、鉱脈社、2011)。後円部は三段、前方部は二段築成だったようです。埋葬施設は後円部墳頂にあったと考えられています。

 それにしてもなぜこの地に古墳時代前期に大型の前方後円墳が造られたのでしょうか。宮崎の古墳に詳しい北郷泰道さんは次のような趣旨の興味深い解釈をしています。当時の畿内政権はライバル関係にあった北部九州の筑紫国をけん制するために南九州の日向国をより身近なものにしておく必要があった。その要素は海上交通の権益で中国大陸や朝鮮半島への経路を瀬戸内、関門海峡の北ルートとは別の南九州南端の大隅半島、薩摩半島を回る南ルートの確保。そのため、畿内の大王は日向から妃を迎え婚姻関係を持つ必要があった。日本書記によれば景行天皇の代に日向の御刀媛(みはかしひめ)を妃に迎え、生まれた子供が日向国造の始祖となる豊国別皇子(とよくにわけのみこ)でそれは4C初頭の頃であった。彼こそが4C代に九州で巨大な前方後円墳を造り得た人物ではないか(柳沢他著、生目古墳群と日向古代史、前掲書)。 前期には大型古墳が造られた生目古墳群ですが中期になるとその座を西都原古墳群に譲り(墳長176mの女狭穂塚、176.3mの男狭穂塚古墳)規模が縮小していきます。日向のなかで権力が移動したのです。

ところで同じ前期4C後半に造られた畿内以外の大型古墳は墳長190m京都府京丹後市の神明山古墳(以下いずれもクリックすれば直接飛べます)、京都府与謝野町の145m蛭子山1号墳、中期との境4C末に兵庫県神戸市の194m五色塚古墳、宮城県名取市の169m雷神山古墳があります。いずれも日本海、瀬戸内、太平洋岸の水運を支配した首長が葬られたとみられており生目古墳群同様ヤマト王権との関係が極めて強かったとみられています。

 こうした知識をもとに撮ってきた動画を見てみると同じ墳丘が奥行を増したように見えました。つくづくフィールドワークと文献での頭の整理が必要だと思いました(撮影2017322日)
PNG ikime3goufunn zu