古墳踏査を重ねてだいぶ時が経ちましたが今回ほど驚いたことはありません。見事に剪定された墳丘の植栽を目にした時、ベルサイユ宮殿に代表される西洋の庭園に迷い込んだ気分になりました。植物を使って刺繍のように見える作庭技法が古墳の保存に使われているわけです。ツゲでしょうかツツジでしょうか。それらの植栽ためもあって墳頂に登っても前方部、後円部の形がいまひとつよくわかりません。もっとも古墳の所有者のご趣味と聞けば部外者がとやかくいう問題ではないのかもしれません。話が脱線しましたが墳長98m、前方部の幅が55m(後円部径より5m大きい)と発達した墳丘は動画1に見るようによく残されています。周囲の広い空間が墳丘の姿をいっそう際立たせます。専門的な話になりますが前方部は剣先のようにとがらせた珍しい剣菱型をしており中央のヤマト王権との密接な関係がうかがえるそうです。残念ながらその点は現状からは確認できません。三段築成の墳丘、前方部の二段目と後円部には葺石があり、周囲には濠が巡っていたことが発掘調査から明らかになっています。

 塚山古墳を主墳として帆立貝型の塚山南及び西古墳それに円墳の6号墳が残っていますが、(いずれ紹介します)これに消滅した小規模の円墳6基が塚山古墳群を形成しています。この塚山古墳群から南東方向に5㎞ほど下ったところに同じ100mほどの墳長を誇る笹塚古墳を主墳とした笹塚古墳群が塚山古墳群より少し前の5C央に築かれていて、この地域が有力豪族の支配下にあったことがわかっています。

なお塚山古墳ほどではありませんが選定された植栽が墳丘に並んでいるのは山形県の海南市にある稲荷森古墳(クリックすれば飛べます)、そして埼玉県行田市の金錯銘鉄剣が発掘された稲荷山古墳(クリックすれば飛べます)。塚山古墳と同規模の前方後円墳です。是非比較してご覧ください。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。
PNG tsukayama utsunomiya zu塚山古墳 


塚山古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳

規模 墳長 98m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅55m 高さ8m

三段築成、後円部及び前方部二段目テラスに葺石

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 動画キャプションにも書いたように前方部の形状はヤマト王権との親密性がうかがわれる剣菱型を採用。ただし現状からはよくわからない。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村