PNG yamahatakofungun ichikannkei

 横穴石室はこういうものだということがよくわかる二基
 大阪には本当に数多くの古墳があることに驚かされます。近鉄奈良線の瓢箪山駅から真西に1㎞ほど。山の中腹に東大阪市の郷土博物館があります。6C後半から7C初頭に築かれた山畑古墳群はその周辺に残されています。もとは横穴石室を持つ小規模の円墳を中心として100基ほどあり開発の進んだ今でも70基ほどが確認できるそうです。たしかにあそこにもここにもあるという感じです。ただし今回、紹介するような石室内部が完存に近い状態で観察できるものは少ないようです。22号は二つの円墳が連結する双円墳だったようですが現在では東西のうち西古墳しか墳丘も石室も残されていません。床面に中ぐらいの石が敷かれた石室内部と幅の狭さが印象的です。21号もほぼ同じですが天井高はやや高いようです。古墳は中期になると前期に多く見られた山頂から平野に下りてきますが、後期ではまた今回の山畑古墳群のように山の中腹に規模が小さいものが密集して造られるようになります。どうやら首長クラスだけでなく、格下の人々も
古墳に葬られるようになった今回の二基を含め多くの石室からは馬具関連の副葬品が出土しており、騎馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系氏族の墓ではないかとの解釈がみられます。

今回、編集しながら思ったのですが、奈良の赤坂天王山古墳、峯塚古墳のように入口が土砂で埋まっている横穴石室の本来の姿を想像するための指標としても役立つように思いました(撮影2016年9月26日)




山畑22号と21号墳(山畑古墳群)基本データ

所在地 大阪府東大阪市瓢箪山、上四条町

形状 22号双円墳(現在は西側のみ残存)、21号円墳

規模 22号 径15m 高さ4.5m21号 径15m 高さ 不明

石室 22号 長さ約9m 玄室長さ 約3m 幅1.6m 高さ2.8m

21号 長さ約8m 玄室長さ 約4.1m 幅 2m 高さ3m

築造時期 6C後半

出土品 22号 須恵器、馬具、鉄鏃 21号 須恵器、鉄鏃、石棺片(凝灰岩製)

史跡指定 22号 市指定

特記事項 古墳群の数多くの横穴石室から馬具等が出土しているところから馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系人々の墳墓ではないかとの見方もある


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村