佐紀盾列古墳群中で墳丘に登れる数少ない古墳
 今回の中期古墳は墳丘96mの前方後円墳、佐紀瓢箪山古墳です。佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群中の一基です。佐紀盾列古墳群にはまだ紹介していない陵墓や陵墓参考地に治定

されている200m超の大型古墳、神功皇后陵(五社神古墳)、政務天皇陵(佐紀石塚古墳)、垂仁天皇妃の日葉酢媛(ひばすひめ)陵(佐紀陵山古墳)が築かれています。墳丘内に立ち入ることはできないという点で、百舌鳥・古市古墳群の大型古墳同様です。そうしたなかで佐紀瓢箪山古墳は中規模とはいえ墳丘に登れる貴重な古墳です。動画でご覧のように墳丘東側は雑木で視界が遮られていますが前方後円墳ということはよくわかります。興味深いのは周濠です。瓢箪山が築かれる前に存在した径50mの円墳、丸塚古墳を避けるために前方部中央から西側の部分には周濠が設けられていません(現在は鉄道建設のための土取りで破壊、雑木林)。動画3では前方部に沿って幅10mほどの周濠を歩いてみました。北側に墳丘をずらせばこうした事態は避けられたと思うのですが不思議です。なお丸塚古墳からは内行花文鏡はじめ14面もの銅鏡が発掘されています。佐紀石塚と佐紀陵山も現地を歩けば奇妙なほど接近していることに驚かされます。

 ところで中期には佐紀盾列古墳群のあとに河内に大型古墳が次々と造られますが、全国を見渡してみると同時期に墳長200mほどの大型の前方後円墳が築かれている例は多くはありません。岡山の造山古墳(クリックすれば飛べます)、作山古墳(クリックすれば飛べます)、それに宮崎の女狭穂塚(いずれアップ)、群馬の太田天神山古墳(クリックすれば飛べます)ぐらいです。このことはそれだけヤマト王権の覇権が確立したことを示すものなのでしょうか。ところが中央の最後の巨大前方後円墳、五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)が造られた6C後半、地方では規模はそれほど大きくないとはいえ結構な数の前方後円墳や後方墳が造られています。全国を歩いての実感です。既にアップした瓢箪山古墳とセットで訪れることをお勧めします。住民の誰もが知っている郵便局(山陵町簡易郵便局)を目指し、裏にある瓢箪山古墳への道を聞き、塩塚古墳の場所も教えてもらうのがよいでしょう。丁寧に教えてくれます(撮影日2016年1月27日)。


27日)PNG sakihyoutanyama zu (修正)

佐紀瓢箪山古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市佐紀町

形状 前方後円墳

規模 墳長106m、後円部径60m 高さ10m、前方部幅45m 高さ7m、後円部 前方部ともに二段築成の可能性 

築造時期 5C

出土品 琴柱型石製品3点、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 周濠は丸塚古墳を避けるため前方部中央から西側にかけて造られていない。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村