前期古墳でも早い段階の築造、光正寺古墳


今回紹介する前期古墳の光正寺古墳は安産祈願で知られる宇美八幡宮近くにあります。墳長53mと墳丘は小さいものの周辺が谷となった丘陵を利用したためでしょうか、ずっと大きく見えます。三段築成の後円部に短めの二段築成の前方部からなる墳丘は葺石こそないものの(築造当時はあった)、よくできた復元古墳です。後円部に比べ部の高さが低く狭く前期古墳、それもかなり早い段階のものではないかと素人目にもわかります。現地の説明版によれば埋葬施設の第一主体部から出土した土師器から古墳は前期古墳としても最も古い3C後半に位置づけられるそうです。九州の前期古墳としてこれまで紹介してきたのは大分の赤塚古墳(以下三基の古墳は古墳名をクリックすれば直接飛べます)や佐賀の久里双水古墳、福岡の那珂八幡古墳ですが、那珂八幡についで古いということになります。いずれにせよ箸墓古墳が造られてほどなくして筑前(筑紫、現在の福岡県の玄界灘側)の地にも前方後円墳がいくつも造られていることは実に興味深いことです。このことは前方後円墳がヤマトの地から徐々に全国に広まったのではなく、かなり早い段階で、時間の流れが遅い古墳時代においては同時期にといってもよいくらいの時期に地方においても築かれたことを意味します。

 初めて訪れたのは古墳踏査を開始してほどない2013年5月でしたが、今回の再訪で古墳の特徴がようやく理解できた気がしました。近くには光正寺古墳より約100年後に造られた七夕池古墳があります。前回は機会を逸しましたが、今回は七夕池からみた光正寺古墳も動画1でお楽しみいただけます。おそらくこの角度からの眺めは周辺に密集した住宅を別にすれば当時と今も変わらないのではないでしょうか。不思議な気がします。もっとも墳丘全体を間近から収めることは古墳が丘の先端を利用して造られたという事情もあり厳しい状況でした。とはいえ動画2、3では後円部と前方部の高低差などよくわかると思われます。アクセスはJR香椎線宇美駅で下車し西方向に歩き県道68号線出たら宇美八幡方面に北西方面に500mほど進みます。九州自動車道を越えて一つ目を右折し(光正寺古墳と看板あり)、道なりにさらに500mほど歩き一つ目の信号の左が古墳公園です。駅から徒歩で30分弱です(撮影2016年12月26日)。

PNG  koushouji umimahci zu

光正寺古墳基本データ

所在地 福岡県宇美町光正寺

形状 前方後円墳

規模 墳長54m 後円部径34m 高さ5m、前方部幅20m 高さ3m

後円部3段、前方部2段築成

築造時期 3C央から後半

出土品 勾玉や管玉、刀剣類、刀子、土師器

史跡指定 国

特記事項 墳頂に5基の埋葬施設(箱式石棺3、木棺1、土器棺1)があることがわかっている。また被葬者は3C半ばに書かれた「魏志倭人伝」に登場する倭を構成する一国、不彌国(ふみこく)(奴国の隣国)の首長ではないかとの見方もある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村