奈良に緑泥片岩の石室が・・・ 


 今回の後期古墳は奈良県下市町にある岡峯古墳です。近鉄吉野線下市口駅から歩いても15分ほどの吉野川沿いの丘陵にあります。径は15mの円墳ですからそれほど大きくはありません。古墳が有名なのは緑泥片岩でできた見事な石室です。目の当たりにした光の筋。にわか勉強で恐縮ですがヘッドランプの光に反射しているのは緑泥片岩の片理(針状・柱状や板状の鉱物が一定方向に配列する岩石の構造)のようです。緑泥片岩の片理は発達しているのだそうです。他の古墳の石室でもこうした状況をみたことがありますが、これほどではありませんでした。

もう一つ岡峯古墳で見逃せないのは動画2で紹介している奥壁中央に設けられた珍しい石棚です。まだ紹介していませんが和歌山県の国の特別史跡の岩橋千塚の数ある横穴石室にみられるものと同じです(九州の古墳にもみられます)。岡峯古墳の被葬者と岩橋千塚のそれとは関係があったのでしょうか。興味はつきません。なんのために石棚は造られたのでしょう。石室の補強でしょうか。弔いの儀式の際に使用した棚なのでしょうか。色々なことが想像できそうです。

市営住宅敷地内にある古墳はすんでのところで消滅の危機にあったようです。市営住宅建設が優先され破壊されそうになったところ調査の結果、貴重な古墳だということが明らかになり保存されたというのです。現地を訪れてその意義がよくわかりました。見学には下市町の文化財担当に連絡をし開錠して頂く必要があります。アクセスは下市口駅から309号線を南下し吉野川を渡ったところにある千石橋南詰を左折し39号線を川沿いに歩きます。600mほどで老人ホーム北野がみえます。越えたところを右折し道なりに登ると動画1の冒頭のところに出ます(撮影201695日)。
PNG okaminekofun zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村