家形石棺のある石室内に入れない残念な古墳


 今回の後期古墳、江崎古墳は既に紹介した吉備の造山古墳作山古墳こうもり塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)からほど近いところにあります。こうもり塚古墳から吉備自然歩道を西に歩き備中国分寺を過ぎて北に500mほど上がったところにあります。住宅街の突き当りの丘陵の端に目指す江崎古墳はありました。動画3の後半がその姿を伝えています。ただ、墳丘は後円部から前方部にかけてかなりなだらかな印象があり、後円部の高さが5.2mもあった築造当時の様子は残っていません。興味深いのはこうもり塚もそうでしたが後期の前方後円墳であるにもかかわらず前方部は未発達です。この地域に特有な築造様式だったのでしょうか。

 石室は残念ながら入室がかなわず格子越しの撮影となりました。そのために両袖式の玄室の様子もよくわかりませんでした。こうもり塚古墳よりも石室の長さは5mほど短い13.8mです。動画からもわかるように玄室の天井の板石はコンクリート製(?)に変えられ明かり取りの穴がもうけられています。とはいえ6個の縄掛け突起をもった家形石棺の姿はきちんと確認することができました(動画2でじっくり見て頂きたいと思います)。発掘調査時に二体の成人男女性と思われる人骨とともに多数の副葬品が出土しているそうです。

 アクセスは冒頭に書いたとおりです。総社駅から吉備自然歩道を江崎古墳、作山古墳、こうもり塚古墳、造山古墳の順に歩くのもよいかもしれません(撮影2016222日)。
PNG esakikofun zu 修正

江崎古墳基本データ

所在地 岡山県総社市

形状 前方後円墳

規模 墳長45m、後円部径32m 高さ5.2m、前方部幅25m高さ1.2m

長さ13.8mの横穴石室が後円部に存在。2.38m 幅1.4m 高さ1.31mの家形石棺あり

築造時期 6C

出土品 埴輪、馬具飾金具、銅鏡、刀剣、鉄鏃等製品、須恵器、土師器

史跡指定 県指定

特記事項 男女二体の人骨が出土



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村