6基の埋葬施設のある前期古墳
 今回紹介する前期古墳は島根県安来市荒島の中海を遠くにみる塩津山1号墳です。後述するように多くの弥生墳丘墓、古墳時代前期の古墳がこの近くには残されています。動画1で敢えて音声を残したように墳丘下には山陰道(安来道路)が走ります。このブログで紹介してきたいくつかの古墳でも高速はじめ道路が間近に迫ったり迂回したりしているところは少なくありません。私市円山古墳(クリックすれば飛べます)も朝来茶すり山古墳(クリックすれば飛べます)もそうでした。古代と現代が融合しているさまはなかなか印象的です。大きく削り取られたり消滅の憂き目にあった数々の古墳に比べればラッキーに違いありません。地元はじめ関係者の熱意の結果だろうと思います。
他方、古墳史上きわめて重要で専門書にも度々登場する古墳でも現在では考えられないような光景を残しているものもあります。その代表例は椿井大塚山古墳(クリックすれば飛べます)です。現在のように文化財の保護に関心がなかった明治期に、墳丘を大きく横断する形で鉄道が敷かれています。それでも地元の方々の協力も得て、それ以上の破壊は免れ今では古墳公園として整備されています。
  話が脱線しましたが塩津山1号墳のある島根県、荒島駅付近にはまだ紹介していない前期では最大の方墳 造山1号墳はじめ弥生時代から古墳時代にかけての墳墓が軒を並べています。訪れた日も荒島駅から古代出雲王領の丘の造山古墳公園から塩津山公園、宮山公園、仲仙寺公園と半日かければ歩くことができました。もっとも雨にも遭い塩津山1号の動画2ではご覧のようなことになってしまいました。古墳の足回りは決してよいとはいえず訪れる皆さんはよく注意して頂きたいと思います。塩津山1号は弥生墳丘墓、角がヒトデのようになっている四隅突出型の名残りのような形をとどめており復元に際しても注意が払われたようです。興味深いのは墳頂には6基もの埋葬施設があったそうで25m×20mの面積の割には多くの人々が葬られている印象を持ちました。古墳時代の前期初頭には後の時代のように後円部に一人の権力者が眠るという習慣はまだなかったのでしょうか。荒島から西に50㎞ほど離れた出雲市の西谷墳丘墓(クリックすれば飛べます)とも比較しながらご覧ください(撮影日 2016年5月11日)。




PNG shiotsuyama1gou zu

塩津山1号墳基本データ

所在地 島根県安来市荒島町

形状 方墳(弥生墳丘墓の名残りあり)

規模 南北25m 東西20m 高さ3m

築造時期 4C

出土品 壷型土器、高杯・鼓形器台、特殊円筒器台土器

史跡指定 国指定

特記事項 中海を見下ろす標高50mの山間に位置


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村