二つの家形石棺が見学可能な石室

 今回は既に紹介した今市大念寺古墳の石室に続く出雲市にある後期古墳石室、上塩治築山(かみえんやつきやま)古墳です。訪問し終わって振り返ると妙蓮寺山古墳、宝塚古墳、上塩治地蔵山古墳(いずれアップします)とどれも印象に残る石室ばかりです。国の史跡に大正時代にすでに指定されていることだけを考えても、これら遺跡の重要性がわかります。同時に、如何にこの地域を支配していた豪族が力をもっていたかの証ということも理解できました。とりわけ今回の石室の長さは島根県では最も長く14.6mを数えます。そこに大小二つの精巧な家形石棺が縦(大石棺)、横(小石棺)に置かれており、どちらも横面に穴が開いているところが(専門的には横口というそうです)目を引きます。出雲市文化財課の担当者のお話では、埋葬者は棺の中でも生きていると考えられていたようで、そのための出入りの穴(口)だったとのこと。九州の影響を受けているそうで畿内の家形石棺にはみられない特色だそうです。死生観が地域によって異なっていたということのようです。今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)の全国一の規模も同じところに穴(口)が開いていました。比較してご覧ください。こうしていくつもの石棺をみるだけでもバラエティーに富んでいて飽きません。

 墳丘自体は見た目だいぶ崩壊が進んでいるようで雑木に覆われていることもあり円墳といわれなければ小山のようにしかみえません。それでも内部の石棺を目の当たりにして不思議な感覚に襲われました。1400年もの間、時空を超えてここに存在し続けていたのです。ただそれだけなのですが・・・。

現地を訪れてわかったことは動画冒頭のところカメラの後側に走る県道277号にも築山古墳群を形成する円墳が4基並んでいたということでした。現在は最近整備されたばかりの道路の下になり、その姿を確認することはできません。それだけに上塩治築山古墳の遺跡としての重要性がわかります。明治20(1887)に石室は開口され、大棺からは金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土しています(上塩治築山古墳パンフレット、出雲市)。
  アクセスは出雲市駅前から循環バスを利用してもよいですが私は1㎞ほどなので歩きました。277号を南へ下り島大東を左折して左側に動画1の見学者用駐車場が見えます。その奥の小山です(撮影2016年5月10日)。

PNG kamienyatsukiyama kofun zu

上塩治築山古墳基本データ

所在地 島根県出雲市上塩治町築山

形状 円墳

規模 径46m 高さ6m

築造時期6C

出土品 大棺から金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土

史跡指定 国指定

特記事項 羨道 長さ5.8m1.8m高さ2.2m、玄室 長さ6.6m2.8m高さ2.9m

石棺() 長さ2.8m1.4m 高さ1.7m()長さ2.1m 幅1.4m 高さ1.4m

 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村