今回紹介する後期古墳は群馬県安中市にある墳長80mの前方後円墳、簗瀬二子塚古墳です。20157月にオープンしたばかりの古墳公園内にあり道を挟んでガイダンス施設があります。訪れたのはその一か月ほど後の夏真っ盛りの時期でしたが開園直後ということもあり、墳丘のシルエットは非常に明瞭でした。しかも巡っている二重の周濠のほぼ全域が公園なので、遠くから古墳全体を一望できます。もっとも墳長が80mと中規模であることも関係しているのでしょう。なかなかの出来栄えの復元古墳です。以前の墳丘写真をみると竹藪で覆われており復元後の姿とはだいぶ違います。築造時に近いのは現在の姿に違いありません。もっとも葺石や埴輪は復元されていません。同じころに復元された古墳は京都府長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)ですが、こちらのほうは一部ですが葺石も埴輪も復元されています。

それにしても今回の簗瀬二子塚古墳、墳長は97mと一回り大きいとはいえ高崎市の綿貫観音山古墳(クリックすれば飛べます)とよく似ています。後円部に横穴石室があるのも同じです。是非、比較してご覧ください。ともに後期の前方後円墳に特有の前方部の発達がみられます。簗瀬二子塚は動画2からわかるように前方部の北の端から南の端まで歩いてみると、後円部が見えないこともあり壁のように感じました。

とはいえ異なる点もあります。築造の時期です。綿貫観音山古墳は同じ6Cでも後半、簗瀬二子塚古墳はずっと早く6Cの初頭に造られたと考えられています。上野(かみつけ、現在の群馬県とほぼ同じ)地域では最初の横穴石室をもつ前方後円墳としても価値があるそうです。全長は11.5mもあります。

残念なことに、それほど貴重な古墳にもかかわらず、石室は閉鎖され見学はできません。市の教育委員会によれば湿度計など機器が設置されており開放の予定はないということでした。普段は閉鎖されていても京都府の物集車塚古墳(クリックすれば飛べます)のように一年に一度一週間ほど開けるところもあります。安中市は全国の例を参照されたのでしょうか。代わりにガイダンス施設には横穴石室内部が動画でみることができるというので、寄ってみましたが、数多くの石室に入った経験からすると、よくできているとはいえ実物にはかないません。と、ここまで書いて、皆さんご覧いただいている私の撮った動画も古墳理解のあくまで補完材料ということに気が付きました。現地を是非訪れて頂きたいと思います。

 新幹線の安中榛名駅前から安中市のコミュニティーバス磯部駅行きで原市小学校下車、南に徒歩10分、道路沿いにあるのでわかりやすいです。バスは1時間に1本ほどです(撮影2015年8月25日)。
Yanasefutagozuka zuPNG



簗瀬二子塚古墳基本データ

所在地 群馬県安中市簗瀬

形状 前方後円墳

規模 墳長80m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅60m 高さ7m

二段築成 葺石 円筒埴輪あり

築造時期 6C

出土品 玉類、鉄鏃等鉄製品、馬具、土師器、須恵器、円筒埴輪、家、馬など形象埴輪

史跡指定 市指定

特記事項 横穴石室 長さ11.5m、羨道7.3m 幅1m、玄室 長さ4.3m 幅2.3m 高さ2m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村