阪急宝塚線の池田駅を降りると車が絶えることのない国道176号線が通り、その向こう北東方向に高台が見えます。標高350mほどの五月山の麓です。目指す池田茶臼山古墳はそこにありました。直線距離で1㎞ほどですがうねった登坂が続くために20分以上かかりました。池田駅の西側500mほどのところには大阪湾にそそぐ猪名川が流れています。この猪名川流域には古墳時代に中小規模の古墳が多数築かれたようで「古墳時代の猪名川流域」(池田市立歴史民俗資料館、2010)という書籍も出版されています。既に紹介した大石塚・小石塚古墳、大塚古墳(いずれも桜塚古墳群)、中山荘園古墳も猪名川流域にあります。いずれ紹介する横穴石室がある前方後円墳二子塚古墳もみることができます。

 肝心の池田茶臼山古墳ですが、公園として保存整備されてきたそうです。周辺にはマンションが立ち並ぶなかに忽然として現れる古墳は、よほどの地元の声がなければ残らなかったのではないでしょうか。ただ、残念なことに墳丘を自然のままにしているために土壌の流出が激しく、このままではいずれ前方後円墳には見えなくなってしまうのではないかとの不安を感じました。かろうじてみえる後円部からの前方部は幅が狭く未発達です。前期の前方後円墳の典型がみてとれます。

 アクセスは地図上はわかりやすいですが一苦労でした。親切なご婦人に近くまで案内してもらいました。あとで池田市立中学校を目指すのがよいことがわかりました。古墳は校庭の東側にあります。歴史民俗資料館は火曜日が休館で駅前の観光案内所もお休みです。ご注意を(撮影2016年4月7日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

池田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府池田市五月丘

形状 前方後円墳

規模 墳長 62m、後円部径33m 高さ6.45m、前方部幅18m 高さ3.45m

築造時期 4C

出土品 椀型土師器、管玉、埴輪円筒棺

史跡指定 府指定

特記事項 なし




PNG ikedachausuyama zu