フェンス越しでも美しさのわかる墳丘
 今回紹介する中期古墳の塩塚古墳は近鉄京都線の平城駅から徒歩で15分ほどのところにある墳長105mを数える古墳です。佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群に属しています。奈良の古墳群では既に紹介した奈良盆地東南の山麓に位置する下池山古墳(クリックすれば飛べます)や中山大塚古墳(クリックすれば飛べます)が含まれるオオヤマト古墳群(群中最大の古墳は下池山の動画に出てくる西殿塚古墳)の次に造られています。4C末から5C前半にかけてのことです。その一部はいずれアップしますが墳長200mを超す前方後円墳が7基もところ狭しと並んでいます。その様子は壮観の一言です。全て陵墓ないし陵墓参考地となっていて周濠越しに眺めることしかできないのは残念です。

そうした中で登ることはできませんが墳丘を間近に見ることのできる数少ない一つが塩塚古墳なのです。古墳時代に関心のある人でなければ佐紀盾列古墳群といっても知らない人が大半ではないでしょうか。もちろん私も数年前まではその一人でした。そもそも佐紀盾列という名称はどういう由来なのでしょう。佐紀は地名のようですが盾列(たてなみ)とは聞きなれません。どうやら地図を広げてみるとわかるのですが今回の塩塚、いずれ紹介する瓢箪山など中規模の古墳を含め200m超の7基を含めいずれも後円部が北、前方部が南を向いていることにヒントがありそうです。盾のように並んでいるのです。後世の人々がそうした点に着目して盾列と呼んだという解釈はなるほどと思わせます。

肝心の塩塚古墳ですがフェンス越しに苦労して撮った動画はいかがでしょう。前方部は高さが後円部の9mに比べると極端に低く1.5mしかありません。どうやら後世、開墾され周濠にあたる部分に捨てられたようです。周濠は後円部周辺しか残っていません。とはいえこの程度の改変で墳丘が残されたことを喜ばないとけないのかもしれません。1970年代には開発のために削平されることになり関係者の努力で所有者が保存に同意をした経緯があります。墳丘の半分は雑木林に覆われていますが径70mを測る後円部の巨大さは残された周濠と見事にマッチしています。後円部には粘土槨の埋葬施設があり鉄製品が検出されているようです。

 
   近くの瓢箪山古墳とセットで訪れることをお勧めします。平城駅から東方向に位置する塩塚古墳への道は土地勘のない者にとってはなかなか難しいのですが、誰でも知っている郵便局(山陵町簡易郵便局)を目指すのがベストです。塩塚も瓢箪山もその東側に位置します。丁寧に教えてくれます(撮影2016年1月27日)。



PNG shiotsukakofun zu

塩塚古墳(佐紀盾列古墳群)基本データ

所在地 奈良県佐紀町、歌姫町

形状 前方後円墳 二段築成

規模 墳長105m、後円部径70m 高さ9m、前方部幅55m 高さ1.5m

築造時期 5C前半

出土品 鉄剣、鉄刀子、蕨手刀子、鉄斧、鉄鎌等鉄製品

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後円部に粘土槨あり(全長6.80m、幅は北部で1.45m、南部で1.30m)。葺石は検出されず埴輪もなかった。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村