富士山を一望できる山頂の前方後円墳
 こんなところにと思うかもしれません。しかし長柄桜山2号墳の前方部に立つと、この丘の先端 西側に向けた前方部の意味がよくわかります。その先には相模湾越しに富士山を望むことができるのです。冬は動画2(最後のほう)のように雪を冠った頂を仰ぎ見ることになるこの場所こそ被葬者を崇める最高の地だったでしょう。東京湾方向になる1号墳よりも立地としてはこの2号墳のほうが優れていると個人的には思います。いずれにせよ相模湾、東京湾水運を支配したに違いない被葬者の権力の大きさを想像するに十分な90mクラスの前方後円墳です。
 1号墳は復元整備されていますが2号墳は未整備。いずれこちらも当時の姿に近づけてほしいものです。前期古墳にもかかわらず前方部のほうがやや高くなっています。墳丘形成にあたり地山を利用したからではないでしょうか。前方部の幅は45mと後円部径よりも9m短くなっていますが前期の1号墳よりも幅が広いようです。説明板の測量図からも確認できます。その墳丘には円筒埴輪と壺形埴輪が立て並べていました。残念ながら丘陵突端に造られているために裾におりると見上げるしかありません。動画3がぎりぎりのところです。

 東京の近くしかも運がよければ富士山や丹沢を望むことができるという意味でもお勧めの古墳です。アクセスは逗子駅バス4番乗り場から葉桜行で終点下車。徒歩1号墳墳丘まで20分ほど。2号墳へはそこから10分。葉桜のバス停に長柄桜山古墳方面と標識が立っています。迷ったら住宅地先の西方向にある森を目指してください。登り口に説明板があります(撮影2016年1月20日)。


PNGnagaesakurayama 2 zu


長柄桜山2号墳基本データ

所在地 神奈川県逗子市、葉山町

形状 前方後円墳

規模 墳長88m、後円部径54m 高さ7.3m、 前方部幅45m 高さ8.7m

葺石あり

築造時期 4C

出土品 壺形埴輪、円筒形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1999年に携帯電話の中継基地建設工事に伴う小規模な伐採及び整地が行われた際、葉山町の歴史愛好家が埴輪片を発見したことをきっかけにその存在が知られるようになったという(逗子市HP

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村