今回紹介するのは番外編です。古墳時代直前の弥生後期の島根県出雲市にある四隅突出型として有名な西谷墳丘墓です。このブログ、古墳を動画で見るサイトは古墳時代の画期として前方後円墳の存在を強調していますが、それ以前の弥生時代にも大型の墳墓が日本の特定の地域に築かれていたことが知られています。出雲市の斐伊川近くの丘陵のはじに築かれた西谷墳丘墓群もその一つです。

C後半に造られたと考えられる3号墳は東西30m、南北40mの規模で発掘調査の結果8つの埋葬施設(主体部)が確認され、特に動画2にある朱が塗られた第4主体部からは鉄剣と玉の装身具が出土しています。また葬送儀礼に用いられたとみられる4個の大型の柱穴が周囲をめぐり夥しい数(223点)の土器が確認されています。興味深いのはそれら土器のうち61%の山陰系は当然としても丹越系(山陰東端から北陸西端)21%、吉備系(岡山)14%、不明9%と各地からのものがみられることです(出雲王登場、出雲弥生博物館特別展図録、2016)。出雲の王のためにわざわざ各地の首長がやってきたということなのでしょうが、古墳時代より以前に特定の地域間の交流は活発だったことに驚きました。

この時期、まだ紹介していませんが吉備(岡山)では造山古墳(中期)の近くで大型の弥生墳丘墓楯築遺跡が造られています。最初にアップした卑弥呼の墓ではないかともいわれる箸墓古墳の墳丘からも吉備の特殊器台の土器が採取されていることを思い出しました。白石太一郎(近つ飛鳥博物館館長)さんは日本海側の広範な地域に特に四隅突出型墳丘墓がみられることについて「弥生時代後期後半~末葉の段階に、山陰地方の有力な首長たちが共通の葬送儀礼を執り行い、四隅突出型墳丘墓という共通の様式の墳丘墓を営んでいたということは、とりもなおさず彼らが生前から強い絆で結ばれていたことを物語るものにほかならない」と述べています(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文舎2013)。

 動画32号墳は一部残存していた墳丘に当時の姿を葺石を含め復元したものですが古墳時代の墳墓とはかなり様相を異にしていることがよくわかります。四隅に突出した舌状の部分から葬送に参加する人々が墳丘に登ったようです。動画でもわかるように3号墳よりも後に造られたと考えられる2号墳の突出部分のほうが発達しています。前方後円墳の前方部も時代が下るにつれ発達してきたこととよく似ています。

 2号墳の墳丘下には発掘から復元までの様子がわかるガイダンス施設が、また墳丘墓が並ぶ丘公園入口には出雲弥生の森博物館があります。アクセスは出雲市駅からバスもありますが極端に本数が少ないので徒歩をおすすめします。山陰本線(一畑電鉄も並行して走る)の高架沿いに1kmほど東に歩き、突き当りを右折し小川沿いに東南方向に歩く(途中に妙仙寺を右手にみる)1kmほどで出雲弥生の森博物館方面の⇒が見えるので右折する。そこから500mほど。徒歩30分(撮影2016年5月12日)。


PNG nishitani funkyubo 1shusei