大阪に残る貴重な前期前方後円墳
 今回紹介する前期古墳は大阪府岸和田市にある久米田古墳群に属する貝吹山古墳です。
同群では中期の復元された風吹山古墳(クリックすると直接飛べます)を紹介していますが、その冒頭で次のように私は書きました。「以前から気になっていたのですが、百舌鳥・古市古墳群の周辺にはどのような古墳が築かれていたのだろうか。探してみるとあそこにもここにもという具合にあるのです。専門家からは、そのようなことは当然だと笑われてしまいそうですね」その気持ちは今でも全く変わっていません。古墳時代というと世界遺産を目指す百舌鳥・古市古墳群だけが注目されていますが同時期に、全国でまた大王墓の至近距離(久米田古墳群へは大仙古墳(仁徳天皇陵)(クリックすると直接飛べます、動画2がその巨大さを知るにはベストです)。から南に10kmほど)でも前方後円墳を中心とする造墓活動が続いていたのです。このことの意味は大きいと思います。こぞって同じ形のものを造る。被葬者とヤマト王権の間に明示的な連携があったのではないでしょうか。もっとも次の点は重要です。
  築造時期は報告書(久米田古墳群発掘調査報告書、岸和田市埋蔵文化財調査報告書2、2013年)によれば久米田古墳群のなかでは今回の貝吹山が最初に、いずれ紹介する摩湯山古墳が次に、そして4C末から5C初頭に既にアップ済みの風吹山古墳が造られたそうです。大仙古墳が完成する前には貝吹山古墳も風吹山古墳も存在していたということになります。反対に大仙古墳等大王墓が和泉北部地域に造られるようになると久米田古墳群のある中部地域ではぱたりと大型の古墳が造られなくなります。普通に考えれば5C中期以降大王による権力掌握がさらに強まったということになります。
  墳長は約135m、後円部径約82m(岸和田市のHPでは75m) 高さ9m、前方部幅約64m、高さ5.5mとされていますが、動画でおわかりのように前方部は中世に陣屋が築かれるなどして変形、削平されています。戦後(太平洋戦争)には畑作が行われ桃の木も植えられていたそうです(岸和田市HP、古写真から見る岸和田の文化財)。それでも前方部から見る後円部の大きさは動画2で確認できるのではないでしょうか。周囲には1213.5mの周濠が巡り、当時の様子をわずかながらも感じることができます。後円部にあった埋葬施設の石槨、石棺は盗掘により破壊され詳細は不明とのことですが石棺の石材は香川県の津田湾沿岸の凝灰岩であることが確認され、四国との交流を示すものとして重要と報告書は記しています。同時に画紋帯神獣鏡や小札皮綴甲、柄付手斧のような中国と繋がるような遺物の存在は被葬者の地位を物語っているとも述べています。大きく削られた墳丘をみながらもったいなあと思うのは私だけではないと思います。
  順序が逆になりましたが、貝吹山古墳のある久米田丘陵には消滅したものも含め10数基の古墳が存在したと考えられているそうです。貝吹山古墳に加え風吹山古墳、無名塚古墳、女郎塚古墳の墳丘を間近にすることができます。
 アクセスはJR阪和線久米田駅から東南方向にある久米田池を目指す道(商店街)を10分ほどあるくと右手に周濠がめぐる貝吹山古墳がみえます(撮影2015年11月24日)。


PNG kabukiyama kofun zu


貝吹山古墳基本データ

所在地 大阪府岸和田市池尻町

形状 前方後円墳

規模 墳長135m、後円部径約82m(岸和田市のHPでは75m) 高さ9m、前方部幅
64m、高さ5.5m、三段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 碧玉製管玉、鉄片、銅鏡(画紋帯神獣鏡)、銅鏃、鉄製甲、腕輪形石製品、円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 岸和田市指定

特記事項 貝吹山古墳の東側にある行基が開いた久米田寺と縁のある橘諸兄が葬られているといわれ橘諸兄塚と呼ばれていました。ただ8Cに活躍した橘諸兄とは古墳築造時期は合いません。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村