全国最大の船形埴輪出土で知られる古墳
 今回はようやく準備が整った三重県松阪市にある中期古墳の100m級の前方後円墳、宝塚1号墳です。というのも動画4にある形象埴輪が周囲を囲む造り出しが見応えがありますし、下からしかも遠くから墳丘を眺めることのできる点でも貴重なのです。ところが、一度目の訪問時は草茫々で残念な結果に。今回、漸く気に入った映像を撮ることができました。キャプションにも入れましたが全国最大全長140mの船形埴輪が発掘されたことでも有名です。普段は松阪市文化財センターはにわ館に展示されています。私はたまたま、高槻市の今城塚古墳を訪ねた際に、「古墳時代の船と水運の特別展」が開催されていたので、その巨大な埴輪を目の当たりにしました。とにかく大きいです。はにわ館のHPによれば、「船上に立体的な飾り物を樹立する形としては唯一のものです。この船は、古墳に葬られた人物の生前の業績をあらわしているという考えと、魂をあの世に運ぶ「葬送船」であるという考えがあります」だそうです。被葬者と船形はにわがどのような関係にあるのか興味はつきません。

 中期になり増加する後円部と前方部の間に位置する造り出しですが上田宏範さんの研究によれば墳丘両側、片側、またその位置などでさまざまに分類できるようです(増補新版前方後円墳、学生社、1996)。ずいぶん数多くの造り出しつき古墳をアップしていますが、宝塚古墳のように復元されていると当時を想像しやすいですね。

肝心の墳丘ですが中期の古墳に特有である前方部の発達がみられます。前方部の幅は後円部径に近く、端にいくにしたがって高くなっています。埋葬施設は未発掘ですが後円部墳頂に粘土郭と思われる反応がレーザー探査で確認されていると松阪市文化財担当の方の説明でした。1号墳はいずれ紹介する2号墳と極め接近して造られています。

 アクセスは松阪駅前から鈴の音バス 松阪市循環 右回りに20分ほど乗り古墳公園前で下車、進行方向に進むと左側に墳丘がみえます。ただ循環バスは1時間に1本ほです。ご注意ください(撮影2016年2月23日)。

PNG takarazuka 1gou zu


宝塚1号墳基本データ

所在地 三重県松阪市宝塚

形状 前方後円墳

規模 墳長111m、後円部径75m 高さ10m、前方部幅66m 高さ7m

築造時期5C

出土品 船形、円筒、壷、蓋(きぬがさ)、盾、短甲等各種埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 全長140㎝の船形埴輪は全国で最大(276点の埴輪が重要文化財)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村