東北にあった前期に造られた前方後方墳
 以前から訪ねたかった東北一の規模を誇る前方後円墳 雷神山古墳(いずれアップします)。その近くに前方後方墳と方墳からなる4C代に造られた飯野坂古墳群があることを知ったのは名取市のHPでした。折角の機会に雷神山古墳だけではもったいないと近くの古墳を探したのです。地図を見ると歩けない距離ではありませんし、何より至近の距離に670mクラスの前方後方墳が立ち並ぶ様子は壮観に違いありません。早速寄ってみました。

動画からおわかりのようにいずれも至近の距離からしか撮れないのが少々残念でしたが、草刈りが終わったあとで墳丘を確認するには問題はありませんでした。動画からすると周囲も広々とした原野が広がっている気がしますが、住宅が密集して飯野坂古墳公園の一角だけが保存されているのです。俯瞰した古墳の表情がとれないのはそうした理由です。

 観音塚、宮山、いずれも前方後方墳ですが、現地説明版ではこの順で4Cに造られたとあり、最後の薬師堂古墳を含め全て4C内に収まるとの説明から後半としました。以前は5Cに造られたとの記述もあったようですが、今回の現地説明版は2015年に設置されたものであり、こちらの解釈を採用しました。今回の二つの古墳はいずれも前方部幅が後方部の一辺よりも狭く発達していないのが特徴です。また、後方部が前方部よりも高くなっています。未調査のために埋葬施設等古墳について詳しくはわかっていません。それでも国指定の史跡になっているのは、隣接する区域に前方後方墳が集中して造られており、全国的にも例をみない特異な構成をとっているから(説明板)だと理解しました。

 アクセスは名取駅からコミュニティーバスなとりん号で山居(さんきょ)住宅前で降りるのが近いとされていますが、本数が極端に少ないので東北本線館腰駅か名取駅から徒歩のほうが早いと思います。館腰駅から雷神山古墳を訪ねたあと西側入り口に出て129号線を北上し注意深く歩くと道沿いに飯野坂古墳群中最後に造られた薬師堂古墳方面の⇒が見えます。鳥居があり階段をあがると古墳があります。観音塚、宮山方面へも案内⇒はありますが、必ずHPの「位置関係はこちら」という地図を印刷して持参することをお勧めします(撮影2015年11月5日)。

border="0" allowfullscreen>

飯野坂古墳群(1)基本データ

所在地 宮城県名取市飯野

形状 観音塚古墳(前方後方墳)、宮山古墳(前方後方墳)

規模 観音塚古墳 墳長 63m、後方部辺 30m 高さ6m、前方部幅23m 高さ5m

宮山古墳 墳長 70m、後方部辺35m 高さ5.5m、前方部幅25m 高さ3.5m

築造時期 4C後半 築造は観音塚、宮山の順と考えられている

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 隣接地域に前方後方墳が集中して造られているところが全国的にもあまり類例がないとされる




PNG iinozaka1


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村