前期古墳でも早期に造られた前方後円墳
 今回は前期古墳、それもかなり早い段階の3C後半の築造ではないかと考えられる静岡市の神明山古墳です。76日アップした同じく静岡市の三池平古墳と清水港の丁度中間地点の神明宮境内にあります。三池平は中期の5C前半の築造でしたから、はるかに神明山古墳のほうが古い時期に造られたということになります。現在では、動画や撮影位置で図示しましたように前方部のバチ型の西側部分が削平されてしまっていますが、神明宮裏の西側から眺める墳丘は前方後円墳そのものです。もっとも、墳丘には倒木や伐採した木々が置かれている上に雑木林がそのままになっているので見通しがよいとはいえません。

  面白いのは、削平された前方部の元の位置を川原石を赤くペイントして、わかるようにしている点です。少々わかりにくいですが画像を貼り付けてあります。この古墳が神明宮の広い境内にある利点を生かした方法です。削平された大半の古墳は跡形もなく住宅や施設に化けています。

 3C後半の築造は、既にアップした前期古墳の中でも最古期に属することになります。静岡市文化財保護審議会(2014811日)では、墳長は69m、箸墓古墳の長さは278mで、箸墓古墳の約1/4 の規模であること、方形の先端が三味線のバチのように開き、箸墓古墳に類似していると報告され、極めて重要な遺跡であることが指摘され、その後市の指定から県の指定遺跡に格上げされた経緯があります。最初にアップした箸墓古墳(卑弥呼が葬られているともいわれる)が造られてからほどなく、この太平洋に面する清水の地によく似た墳墓が登場したということです。色々な想像を巡らせてくれる古墳です。 清水駅北口から静バス 港南厚生病院線で神明宮下車、目の前です。1時間に一本はあります(撮影2015年9月14日)。

PNG shinmeiyama shimizu zu
神明山 川原石
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村