武器武具の副葬が目立つ大塚古墳
 古墳というと世界遺産を目指す仁徳天皇陵や応神天皇陵のある百舌鳥、古市古墳群(堺市、藤井寺市、羽曳野市)を思い浮かべてしまいますが、古墳時代の中期をはさみその前後に畿内のあちらこちらで中規模の古墳が築造されていたとは、この世界を勉強するまで知りませんでした。考えてみればヤマト王権と同盟関係を結んでいた豪族が多数いたはずで、その人々の墳墓が残されていないほうがおかしいのですが・・・。722日にアップした心合寺山古墳もそうした有力豪族が被葬者だったと考えられています。

 淀川を越えて北上した伊丹空港近くの豊中市に今回紹介する大塚古墳を含む桜塚古墳群は位置します。確認された44基の古墳は西、東、中央、南群にわかれ大塚古墳は御獅子塚古墳(前方後円墳、いずれアップ)とともに南群に属しています。桜塚古墳群には中期の大塚古墳を中心としては多数の馬具や武具が副葬されおり、その出土数は巨大前方後円墳が多数含まれる百舌鳥、古市古墳群に近いそうです(田中晋作「武器・武具から復元する古墳時代の常備軍」、倭王の軍団、新泉社、2010)。陵墓が多数を占める百舌鳥、古市古墳群はほとんど発掘がなされていないということは考慮する必要があるとしても興味深い指摘です。動画2で埋葬施設が図示された墳頂をご覧いただけます。なお御獅子塚古墳がすぐそこに見えます。

 これまで紹介した円墳、627日の滋賀の久保田、710日の兵庫の朝来茶すり山、823日の埼玉丸墓山と比べてご覧ください。アクセスは阪急宝塚線の岡町駅東側南桜塚小学校前の大塚公園内にあります。徒歩で10分ほどです(撮影2015年7月7日)。

動画1のキャプション墳長50mは56mが正しく、習合は周濠の誤りです。

PNG ootsuka zu

大塚古墳データ

所在地 大阪府豊中市中桜塚

形状 円墳

規模 直径56m 高さ8m

築造時期 5C

出土品 鏡、鉄製甲冑、鉄製剣、盾等

史跡指定 国指定

特記事項 立ち並んでいた埴輪は円筒埴輪のほか、

家、盾、翳(きぬがさ)、動物等の形象埴輪

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村