今回は番外編としてソウルの芳荑(てい)洞古墳群を1号墳を中心に紹介します。動画でご覧頂けるように高層ビルがあたかも借景の如く映る古墳公園です。残存する8基の円墳はいずれも小型で、日本の巨大な前方後円墳に見慣れた者からすると物足りなさを感じざるを得ません。しかし、1号墳の石室(整備、修復)の石組はなかなかに見応えがあります。カーブは急ではありませんが、四面の壁が次第に狭まり、上から板石を置く築造方法(持ち送りというようです)を採っています。築造時期は三国時代、百済が高句麗の攻勢に遭っていた4C半ばから5C後半の百済前期(漢城に都があった時期の百済)のものではないかといわれています。解説板によれば盗掘されており遺物はほとんどなかったようです。したがって築造時期の特定はもっぱら石室の構造によるようです。日本の時期区分でいえば前期末から中期にかけてということになるでしょうか。

 アクセスは地下鉄5号線(紫のライン)でオリンピック公園の次の芳夷駅から徒歩で15分ほど。3番出口をあがると大きな通りがあります。その通りを南にくだり一つ目のゆるやかなカーブを道なりに右折し、一つ目の信号を越えた右側にこんもりとした森がみえます。

そこが芳荑洞古墳公園です。

PNG houteidou zu