幅広の周濠に佇む存在感のある前方後円墳
 今回の七興山古墳は201558日にアップした白石稲荷山古墳と同様、群馬県藤岡市の白石古墳群に属します。時期的にはこちらが新しいそうです。古墳公園として整備された七輿山古墳ですが、周囲に墳丘を遮る高い建物が見えず墳長145m以上の大きさを感じさせます。そのあたりの雰囲気が動画で伝わっているとよいのですが・・・。七興山古墳が築造されたと考えられる6Cの前半期には、畿内では継体天皇の真陵ではないかといわれている大阪府高槻市の今城塚古墳(宮内庁の治定は茨木市の太田茶臼山古墳)が造られています(いずれアップします)。

 もっとも、つい最近アップした森将軍塚古墳のように埴輪を含め復原しているわけではありません。墳丘はご覧のように桜を含めた雑木の林ですが、それでも周濠を含めた全体像はなかなかに迫力があります。敢えて桜の季節を避けましたが、それはそれで美しいことでしょう。今城塚古墳は出土した大規模な埴輪列でも有名ですが、この七興山古墳でも円筒、朝顔、馬、人物、盾等豊富な埴輪が発掘されています。             

アクセスですがJR高崎線の藤岡市からコミュニティーバスのめぐるん号で七興山古墳公園入口です。七興山古墳、復原された円墳の皇子塚などを見て、藤岡歴史館に立ち寄って最後に白石稲荷山古墳というコースがベストです。ただしコミュニティーバスの本数は少なく注意が必要です。時刻表はネットで検索できます(撮影2015年3月26日)。

PNG nanakoshiyama zu

七興山古墳データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 前方後円墳

規模 墳長145m、後円部径87m 高さ16m、前方部幅106m 高さ16m

築造時期 6C前半

出土品 円筒、朝顔、人物、馬、盾など各種埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 円筒埴輪は径50㎝、高さ1mの大型品



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村