今回は東日本最大の前方後方墳、前橋八幡山を紹介します。墳長は130m、4C前半の築造といわれています。全体として東国には前方後方墳が多く、ある時期から前方後円墳の数も増えるようなのですが、白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)の次の記述が印象的です。「三世紀後半から四世紀前半の時期では、西日本が基本的には前方後円墳の世界であったのにたいし、東日本は前方後方墳の世界であったということになろう」(東国の古墳と古代史、10頁、学生社、2007年)。その理由ですが白石さんは、魏志倭人伝のいう邪馬台国が戦った狗奴国を前方後方墳が多数ある濃尾平野の地と考え、東国は三世紀前半にその狗奴国連合に加わり、ついで卑弥呼の死後三世紀以降にヤマトを中心とする倭国連合に加わったとみています。そして、連合内での身分秩序に応じて様々な古墳造りがはじまり、後からこの連合に加わった東日本の首長らに与えられた墳丘形式が前方後方墳であったと思われるというのです(この辺りは前掲書、第Ⅱ部 関東の古墳を考える に詳しいです)。前橋八幡山古墳をそうした位置づけで見るとまた、墳丘を見る目も違ってくるような気がします。


 アクセスは前橋大島駅から徒歩で10分ほど、大きな公園になっているので、わかりやすいです。ただし、動画1の裏側、つまり東側は野球場になっていて古墳と共存しています。



前橋八幡山古墳データ

所在地 群馬県前橋市朝倉町

形状 前方後方墳

規模 墳長130m 後方部72m 高さ12m 前方部幅59m 高さ8m

築造時期 4C前半

出土品 不明 葺石あり

史跡指定 国指定

特記事項 東日本で最大の前方後方墳