琵琶湖を見下ろす前期前方後方墳
 
PNG oujiyama zu



  今回紹介するのは琵琶湖沿いにある近江神宮近くの皇子山山腹に残る前方後方墳です。4C後半に造られたとされる墳長は約60mしかなく決して大きくはありません。しかし動画でご覧いただければわかるように訪れた季節がよかったのか、冬枯れに舞う落ち葉が見事です。くすんだ葺石の色とのハーモニーをお楽しみください。私は復原に際して琵琶湖側にしか葺石を貼らなかったのではと考えたのですが、勘違いでした。当初から葺石が敷かれた前方部は琵琶湖側が極端に広がり、見せる古墳の意図が明白だったようです。さぞかし琵琶湖から見上げる皇子山古墳の雄姿は人々の心に焼き付いたに違いありません。動画3では後方部の埋葬施設(区画されたところ)も映っています。すぐ近くには直径20mの円墳、二号墳もあります。古墳のある錦織地区は後に大津宮が営まれたとされ遺跡発掘が行われました。駅から古墳の途中にありますから興味のある方は寄られたらいかがでしょう。勿論、大津宮からも古墳は見えたはずです。どんな気持ちで宮の人々は古墳を眺めていたのでしょうか。

 アクセスは京阪電鉄近江神宮前駅から徒歩で西側に向って15分ほど。公園になっているが入口が住宅地内にあるので少々わかりにくいと思います。私は大津錦織郵便局でお聞きしました(撮影2015年1月27日)。今回紹介するのは琵琶湖沿いにある近江神宮近くの皇子山山腹に残る前方後方墳です。4C後半に造られたとされる墳長は約60mしかなく決して大きくはありません。しかし動画でご覧いただければわかるように訪れた季節がよかったのか、冬枯れに舞う落ち葉が見事です。くすんだ葺石の色とのハーモニーをお楽しみください。私は復原に際して琵琶湖側にしか葺石を貼らなかったのではと考えたのですが、勘違いでした。当初から葺石が敷かれた前方部は琵琶湖側が極端に広がり、見せる古墳の意図が明白だったようです。さぞかし琵琶湖から見上げる皇子山古墳の雄姿は人々の心に焼き付いたに違いありません。動画3では後方部の埋葬施設(区画されたところ)も映っています。すぐ近くには直径20mの円墳、二号墳もあります(撮影2015年1月27日)。

皇子山古墳データ

所在地 滋賀県大津市錦織

形状 前方後方墳

規模 墳長60m 後方部幅35m 高さ6m、 前方部幅28m 高さ4m

築造時期 4C後半

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後方部に、前方部に確認されているが数については
資料によって異なる

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村