前期古墳が立ち並ぶ姿は壮観 




今回紹介する古墳は、神奈川県海老名市の秋葉山古墳群の六つの古墳の中から最も古い時期に造られ弥生時代と古墳時代の過渡期的性格をもつとされる前方後方型墳丘墓の4号墳と、古墳群の中では最後の築造(4C)とされる典型的な前方後円墳である1号墳の二つです。関西や九州、関東でも群馬や栃木、千葉に集中している古墳ですが、この地、神奈川にも前期の段階から連続して前方後円墳を含めた墳墓が築かれてきたようです。相模川を支配する在地の豪族の墓なのでしょうか。
  葺石や円筒埴輪、既に紹介してきた大型前方後円墳に見られた墳丘の段築はなく、そのため、中央のヤマト王権との関係は強くなかったといわれています。いずれ紹介する逗子市と葉山町にまたがる長柄桜山古墳とはその点が異なると専門家は述べています。仮にそうだとしても、尾根に整備された六つの多種類の古墳が連続して立ち並ぶ様子は壮観です。小田急小田原線を小田原方面に進み座間駅を過ぎると左側に小高い丘が続きます。古墳はこの座間丘陵の尾根に並んで築かれています。アクセス方法ですが、海老名駅西口からコミュニティーバス(上今泉ルート かしわ台駅行き)で秋葉山古墳群駅下車です。乗車時間は20分ほど。本数は1時間に一本。時刻表は海老名市HPにあります(2015年3月2日)。

参考文献、広瀬和雄 相模の二つの古墳群 季刊考古学 武蔵と相模の古墳(雄山閣)

 
秋葉山古墳1号、4号データ

所在地 神奈川県海老名市上今泉4丁目
形状 前方後方墳(4号墳)、前方後円墳(1号墳)
規模 1号墳 墳長59m 後円部径33m 高さ6.3m
前方部幅約20m 高さ2.8m 4号墳 墳長37.5m 
後方部辺24.8m 高さ5.3m 
前方部幅約12m 高さ2.8m 
築造時期 4号墳 3C中頃、 1号墳 4C
出土品 土器、鉄鏃
史跡指定 国指定
特記事項 東国の古墳を理解するうえでは欠かせない古墳群のようで広瀬さんは
「弥生墳墓の三号墳にはじまって、これだけ多彩な墳形をもった墳墓群、
そして時代の変換点をあらわす古墳群は稀有な例といえそうだ」と述べています
(前掲、広瀬、74頁)。

海老名市のHPに古墳の測量図を含めた説明があるので是非、ご覧ください。http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1149573278655/index.html