驚きの一言、切石の高度な加工技術 



 今回の古墳は奈良県明日香村にある古墳時代終末期 7C中頃の岩屋山古墳です。方墳か八方墳か議論がわかれている古墳そのものではなく、現在の技術水準となんら変わりのない精巧な切石の加工が施された見事な石室の紹介です。時代が下った終末期の古墳ですから、仏教の渡来とともに広まった土木建築技術の影響があったのでしょうか。古墳の石室には門外漢だった私には、縦横3mほどの横穴石室が目に飛び込んできた時、終焉を迎える終末期とはいえ古墳時代に造られたようには思えませんでした。それほど見事な石室は典型的な白い花崗岩製です。被葬者の棺が横たわっていた両袖式(石室を上から見たとき、通路としての羨道が玄室の中央につけられているものを両袖式といいます)の玄室の壁面は2段積みで奥壁は上下各1枚、側壁は上段2枚、下段3枚の切石、各壁とも上段は内側へ傾いています。ウィキペディアで読んだとおりの姿がそこにはありました。その構造は動画からも確認できます。今後もいくつかの横穴石室を紹介することになると思いますが、最近では時期によりそれぞれ個性があることがわかりはじめてきました。

 場所は近鉄吉野線飛鳥駅から岡寺駅に向かって一つ目の踏切を越えて住宅地に入るとすぐです。きわめてわかりやすいところにあります(撮影2015年2月12日)。

岩屋山古墳データ

所在地 奈良県高市郡明日香村大字越小字岩屋山

形状 方墳または方形の上に八角形を載せた八角墳との見方もある

築造時期 古墳終末期の7C中頃

規模 一辺約45m 高さ12m 二段築成

出土品 埋葬当時のものはなし(盗掘)

史跡指定 国指定

特記事項 岩屋山古墳の横穴式石室は平面、立面の規格で同じあるいは縮小したものが複数あるようで、終末期古墳石室の標準とされるという