広大の一言、墳長170mの前方後円墳 


 今回は関東は群馬県藤岡市の5C前半の築造といわれる中期古墳、白石稲荷山古墳です。いくつも紹介したい関東の古墳ですが、広がりを感じられる点で優れている(住宅街に囲まれている大古墳が大半なので)白石稲荷山古墳です。墳長は170mもあります。どでかいです。後円部の木立を除けばなにもなく、墳丘の様子が手に取るようにわかります。周囲に眺望を遮るものがないというのは、訪問者にとっては最高ですね。動画4には前方部に立つ人物が見えますがシュールな感じで個人的に好きな映像です。

北方1kmにはいずれ紹介する七興山古墳もあり、いずれも利根川水系の鏑川と鮎川が交差する台地に造られています。葺石の運搬はじめ古墳造りには適した場所だったのでしょう。素人目にも墳頂にあがると古墳が周囲より一段高いところにあることがわかります。標高120mだそうです。前方部にも後円部にも葺石が葺かれていたようで名残もありますが、全体は草で覆われています。

後円部と前方部の高低差は5mあり前期古墳の形式を引き継いでいます。それにしても前方部の幅は墳長170mに対して145mと広く、その個性的な姿は動画でご覧いただけます。同じ前方後円墳といっても地域的な違いなのか、製作者の工人の趣味なのか、実にバラエティーのあることが既に紹介したいくつかの古墳からもおわかり頂けるのではないでしょうか。

この古墳を訪ねるにはJR高崎線の藤岡市からコミュニティーバスのめぐるん号で七興山古墳公園入口で下車し徒歩で直行した場合、20分ほどです。七興山古墳、復原された円墳の皇子塚などを見て、藤岡歴史館に立ち寄って最後に白石稲荷山古墳というのが最も一般的だと思います。ただしコミュニティーバスの本数は私が訪ねた時は三本で、東京から日帰りの場合、タイミングが合うのは一本しかありませんでした。注意が必要です。藤岡市コミュニティーバスめぐるん号の時刻表もネットにアップされています(撮影2015年3月26日)。

白石稲荷山古墳データ

所在地 群馬県藤岡市白石字稲荷原

形状 前方後円墳

築造時期 5C中頃

規模 墳長170m 後円部径92m 高さ13.5m 前方部幅 145m 

高さ8.5m

出土品 銅鏡、鉄刀など武器、石製品、家形埴輪など

特記事項 後円部に東郭(長さ8.2m 幅0.9-0.6m)、

西郭(長さ5.3m 幅0.4m) 竪穴式礫郭の埋葬施設