動画を離れてちょっと一息したいと思います。

幾ちゃんのこだわり(1)


 なんで幾ちゃんなのか。時々聞かれますが、自分が最も影響を受けた母方の祖父が幾太郎だったんです。毎週末には必ずと言ってよいほどおじいちゃんの家に出かけ昔話や歴史の話を聞いたものです。その幾太郎おじいちゃんにあやかってここでは幾次郎と名乗ることにしました。


本題です。三年ほど前に古墳踏査をはじめた時から、現地へは公共交通機関と徒歩で行くことに決めました。なんでタクシーやレンタカーじゃないのかと言われそうですが、車では点(古墳)と点(古墳)を効率よく回るという点では有利なのでしょうが、広がりを体感するという点ではいささか不利な気がします(もっとも壱岐に行った時には、帰りのフェリーに間に合わないのでやむなくタクシーを利用しました)。古代の人が見た景色とは河川の流れも違いますから同じではありませんが山並みをはじめその空気は歩いてはじめて感じられると思っています。


公共交通機関はJR,私鉄、バス、とりわけコミュニティーバスにはお世話になっています。訪ねたい古墳周辺の大都市のホテルに宿泊して最長で二泊三日、たいていは一泊二日で古墳や博物館、資料館をまわります。このスケジュールのなかで目的をこなすのは大変ですが、そこはネットを最大限活用させてもらっています。便利なのは地方都市のどこでもコミュニティーバスが低料金で運行されていて時刻表もアップされていることです。これをもとに計画を練りますが、コミュニティーバスの運行本数は限られ、一日、2便、3便は当たり前、一日に1便、週の前半(後半)にしか走らない例もあり注意が必要です。でも何とかなるのですね。これまでバス停の場所を間違えておろおろしたことはあるものの乗り遅れたことは一度もありません。コミュニティーバスはもちろん、鉄道は都心部では当たり前のICカードが使えない区間も多く注意が必要です。


 コミュニティーバスの場合、地方の過疎化を体感できるのもメリットです。主要バス停は鉄道駅、病院、ショッピングモールですが、車内はそうした施設を利用するシニアの客が大半ですね(小耳にはさむシニアの会話がこれまた面白いです)。病気、孫の話が定番(笑)。もっとも私一人しか乗っていないということもしばしばです。これではタクシーと同じではないかと思いながら車窓の景色に目を走らせます。


 不遜に感じられるかもしれませんが現地に詳しい方のボランティアの方も含めガイドはお願いしません。これまで書いてきたことからお分かりのように、自分で調べ計画も作るというところに意味、意義があると思っているからです。ならば目指す目的地に着けなかった場合はどうするのかと突っ込まれそうですね(苦笑)。田んぼが広がるなかで聞くべき人がいないということもありますが、念入りに調べておけばまずたどり着けます。どうしてもわからない場合は、途中で歴史資料館等に電話して指示を仰ぎます。例外なく、とても親切に教えてくれます。もっとも月曜は休館が多いということは頭に入れておく必要があります。